1日1ページ、世界の教養365

トーラー 007/365

 

いわゆる「モーセ五書」。
またはユダヤ教の律法全体を指すこともある。

「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」。

「エジプト脱出記」ではなく「出エジプト記」という訳になってるのは、何かそれ自体に意味があるんだろうか。

「脱常識」とか「脱洗脳」、「脱亜入欧」なんて言葉もあるように、先頭に「脱」をつけるということはまず「常識」「や「洗脳」や「亜(アジア)」などの言葉が普通に使われていた、という前提があるわけで、わざわざ先頭に「出(しゅつ)」をつけているということは、どこかに常識としての「エジプト記」とうものがある、というのが前提になっているのではないか。

モーセ(イスラム教ではムーサーと呼ぶ)はこれを、シナイ山で神から受け取った。
この人は紀元前16世紀、または紀元前13世紀に生きていたとされている。イエス・キリストなどまだ影も形もない。

考古学者によると、実際に書かれたのは紀元前10世紀、あるいは紀元前6世紀ごろではないかという説もあるそうだ。

3500年前くらいには受け取ってないとおかしいこれらが、2600〜3000年前に書かれたなんて、誰が信じるのか。いや、信じる上で、そんな説は受け入れられない。正統派ユダヤ教徒からすると、その考証はやはり異端そのものの扱いになっているそうだ。

口伝から文字化された。
アルファベットと似たような経緯で特権化され、だからこそ権力と富の集中とともに、のちには世界的な飛躍の原動力ともなった。

世界三大一神教における規範や習慣、信仰の礎となった。

 

 

アルファベット 001/365

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

現象と実在 006/365

逆に言えば、「三原色を感知する能力しかないから、世界が、こんな風にしか見えていない」とも言える。

ラスコー洞窟の壁画 003/365

自分の目の前にあること、起こったことを、思い出して同じ形に似せて描くこと。

ハーレム・ルネサンス 016/365

アメリカを構成する一つの重要な要素としての、アフリカン・アメリカンの矜持が示された。

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

ソクラテス 013/365

「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いて彼は、それを「間違っている」と証明するために、当時、賢者と称えられていた人たちと問答した。

書いてる人


Hulu


2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031