1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

流鏑馬 146/365

流鏑馬ガール! 青森県立一本杉高校、一射必中!

 

流鏑馬(やぶさめ)は「矢馳せ馬(やばせうま)」と呼ばれていた。

平安末期、武士の台頭とともに、「犬追物」「笠懸」と合わせて「騎射三物」と呼ばれた。
武芸鍛錬法として普及し、盛んになった。

戦国時代になり、鉄砲の使用が戦場での戦法の主流になると騎射は廃れたが、江戸時代、8代将軍・徳川吉宗はそれを復興し、小笠原家に伝えた。

現在は「新儀流鏑馬」として、新宿区の無形文化財になっている。

 

※鏑矢の飛ぶ高い音には、魔除・破魔の効能があるとされている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

火薬 116/365

元寇との戦いで、日本は初めて「震天雷(てつはう)」に触れ、火薬を知ることになった。

ひな祭り 027/365

9月9日の重陽の節句には「後(のち)の雛」を飾る風習もあったという。

平将門 128/365

平安時代中期の武将。

四季 099/365

春夏秋冬の4つの季節。

山地 043/365

日本は、国土の75%が山地である。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)





afbロゴ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930