1日1ページ、世界の教養365 歴史

ロゼッタ・ストーン 036/365

明日への挑戦

ヒエログリフの解読が一気に進み、古代文明エジプトの秘密が明かされるきっかけになったとも言える碑石。

エジプトを支配したギリシア人が発した勅命(メンフィス勅令)が書かれており、ナポレオン軍のピエール=フランソワ・ブシャール大尉が発掘するまでは難解すぎてどうしようもなかった古代文明に関わる解読が、飛躍的に向上した。

ギリシャ人が打ち立てた王朝の王・プトレマイオス5世の功績を垣間見ることができるという。
プトレマイオス朝は内乱もあり、若干13歳のファラオを、偉大な功績を打ち立てる神として崇めることで、その支配は盤石なものにするために苦心していたのだろう。

ロゼッタ・ストーン解読に尽力したフランスの学者ジャン=フランソワ・シャンポリオンは、幾つもの言語に通じた天才で、「古代エジプト学の父」と呼ばれている。

彼は20歳までにラテン語・ギリシア語・ヘブライ語・アムハラ語・サンスクリット語、アヴェスタ語・パフラヴィー語・アラビア語・シリア語・ペルシア語・中国語を習得していたという。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自由主義 174/365

自由主義とは、規範理論だ。

マルティン・ハイデッガー 300/365

彼は「技術(世界を私たちが自由に使える資源と見なす考え方)」に対し、極めて批判的だった。

ロマン派の時代 187/365

旋律が最重要視され、そのためには形式すらも犠牲にされた。

チャールズ・ダーウィンと自然選択 130/365

彼の母は、あのジョサイア・ウェッジウッドの娘である。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031