1日1ページ、世界の教養365 科学

核分裂 361/365

Newton いますぐわかる! E=mc²

陽子と中性子で構成される原子核に反応が起こり、一部がエネルギーに変換される現象。

反応時間は1000分の1秒だ。
次々と原子がぶつかることで連鎖反応が起こる。1個で起こった連鎖反応は100分の1秒後、約1万個の中性子を生む。これを暴走反応と言う。この反応を利用したのが核爆弾である。

原子力発電に最も使われているのはウランだ。
中でもウラン235という、希少性の高い恨んである。

自然界では、ウランは酸化ウランの形で見つかる。
不純物を取り除くと、鮮やかな黄色になる。
それゆえに「イエローケーキ」と呼ばれている。

核燃料に含まれるエネルギー量は、ガソリンなど、同じ質量の化学燃料に比べると100万倍ある。

アルバート・アインシュタイン 123/365

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 科学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ソクラテス 013/365

「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いて彼は、それを「間違っている」と証明するために、当時、賢者と称えられていた人たちと問答した。

『高慢と偏見』 128/365

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

太陽系 018/365

「調査隊が絶滅する恐れがある」という状態で、アリの生態を調べにいく教授はいない。

社会契約 181/365

支配者がどれほど暴君で専制的であっても、「自然状態」でいるよりはマシ、と考えた。

ネフェルトイティの胸像 010/365

ドイツの皇太子に「すごい」と褒められたボルハルト博士が、「偽物です」と言い出せなくなって今に至る…然もありなん…。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031