1日1ページ、世界の教養365 科学

核分裂 361/365

Newton いますぐわかる! E=mc²

陽子と中性子で構成される原子核に反応が起こり、一部がエネルギーに変換される現象。

反応時間は1000分の1秒だ。
次々と原子がぶつかることで連鎖反応が起こる。1個で起こった連鎖反応は100分の1秒後、約1万個の中性子を生む。これを暴走反応と言う。この反応を利用したのが核爆弾である。

原子力発電に最も使われているのはウランだ。
中でもウラン235という、希少性の高い恨んである。

自然界では、ウランは酸化ウランの形で見つかる。
不純物を取り除くと、鮮やかな黄色になる。
それゆえに「イエローケーキ」と呼ばれている。

核燃料に含まれるエネルギー量は、ガソリンなど、同じ質量の化学燃料に比べると100万倍ある。

アルバート・アインシュタイン 123/365

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 科学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ウィリアム・フォークナー 072/365

架空の場所、ミシシッピ州ヨクナパトーファ州が物語の舞台として出てくるため、彼の一連の作品は「ヨクナパトーファ・サーガ」とも呼ばれている。

メンデルの遺伝学説 060/365

彼は庭を歩き回るうち、エンドウ豆の特徴に目をつけ、実験をした。

ウラジミール・レーニン 281/365

レーニンの遺体は防腐処理され、モスクワ中心部の霊廟に安置された。
今も、そこにある。

功利主義 251/365

ベンサムは「偏見を抜きにすれば、プッシュピン遊びは、音楽や詩の技芸と同じ価値を持つ」という有名な言葉を残している。

シェーンベルクの『月に憑かれたピエロ』 320/365

初演は1912年のベルリンだったが、聴衆からは大きな非難があったという。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31