1日1ページ、世界の教養365 歴史

植民地主義 204/365

解放と暴力: 植民地支配とアフリカの現在

ヨーロッパ諸国は「白人の責務」という大義名分のもとに、アフリカを蹂躙し、現地に住んでいた人々を虐殺した。

ベルギー領コンゴでは実に、1000万人が死ぬまで働かされた。

文明を広めるため、という正義のもと、フランス・イギリス・ドイツなどの国はアフリカから、どれだけ利益を得ても構わないとすら思っていた。

第二次世界大戦後、ヨーロッパ諸国はようやくアフリカからの略奪をやめた。
フランスはアルジェリアを手放したくないがゆえに、戦争まで起こした。

勝手に引いた国境線で区切られたアフリカには、民族の分断と貧困にあえぐ多くの国しか残っていなかった。

『闇の奥』 37/365

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルネサンス美術 059/365

14世紀初頭、イタリアで起こった、「個人主義」の萌芽から、ルネサンスは始まったと言える。

プラトンの洞窟と比喩 034/365

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

『僕もアメリカを歌う』 338/365

ラングストン・ヒューズの1926年に発表された詩。

テネシー・ウィリアムズ 247/365

本名はトマス・ラニーア・ウィリアムズという。

『白鯨』 177/365

白鯨が何を意味するのかは、今でも議論されている。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)





afbロゴ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930