1日1ページ、世界の教養365 音楽

調性と無調性 306/365

ワーグナー 生誕200周年記念ベストアルバム

ポップスやニューミュージックのほとんどすべては、調性音楽の部類に入る。

調性音楽とは、基準となる特別な音を中心音にすえ、それを重視して作られた音楽のことである。

クラシックでも「交響曲 ト短調」ならば、ト短調の音階を基盤として、トの音が中心音になっている。

無調性音楽はこれにとらわれず、ある音階で決められた音の間にある半音も多用したものである。リヒャルト・ワーグナーがこの世界を押し広げた。

音楽で調性を排する動きが出てきたことは、思想的、そして時代的にも、抽象芸術が具象的なテーマを排除し始めたことと呼応している。

リヒャルト・ワーグナー 257/365

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン 124/365

これ以外に、失われたものが何百もあるという。

19世紀の民族主義 271/365

彼は楽譜で、通常のオーケストラに加えて、本物の大砲を使うように指示している。

キュビズム 311/365

ブラックとパブロ・ピカソは、主としてフォルムを分解することに関心を寄せた。

コンスタンティヌス一世 189/365

「大帝」と称される。

睡眠 200/365

この時に、筋肉が再生すると言われる。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930