1日1ページ、世界の教養365

カインとアベル 021/365

聖闘士聖衣神話 聖闘士星矢 真紅の少年伝説 太陽神アベル & 女神アテナ 真紅の少年伝説メモリアルセット (フィギュア2点)

アベルを殺してしまったカインに、神は「殺されないような」印をつけた。この印が一体どんなものだったのか、正確にはわかっていない。あざ説。赤毛説。黒い肌説。そのどれもが、のちに差別と奴隷制度に利用できるようなもので、実際利用された。

子羊を捧げたアベル。
農作物を捧げたカイン。
ここには、牧畜と農耕という、人間が進んできた営みに対するなんらかの訓示が含まれている。

狩猟採集生活から、農耕栽培生活へ変化して行った人類の、食料と文化の暗示。
二つのうちどちらかを選ぶ、という神話には、ふたつの文化が持つ葛藤や分かれ目、という意味があるのかも知れない。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

中世/初期教会音楽 026/365

ミサで唱える典礼文には、「通常式文」と「固有式文」がある。

皇帝コンスタンティヌス一世 043/365

コンスタンティヌスのキリスト教への改宗・推進のきっかけは、「幻視体験」によるものだという。

イデア 027/365

すでに知っているからこそ、真に認識するのは「想起」だと。

サラ 035/365

その歳になると、急激な感情の起伏は心臓に悪いということか…。

書いてる人


Hulu


2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728