1日1ページ、世界の教養365 哲学

功利主義 251/365

功利主義の逆襲

功利主義を初めて提唱したのはイギリスの経済学者・哲学者であるジェレミー・ベンサムだ。
それを体系化したのがジョン・スチュアート・ミルである。

功利主義とは、「私たちはいかに振る舞うべきか」について、ある一定の見解を持つべき、という考え方である。

「善とは何か」について、快楽主義的な見解を持つ、と言ってもいい。

快楽のみが客観的な善だと考え、重視すれば、それに伴う行動を取るのが最善策となり、それは結果的に功利的になる。

ベンサムは「偏見を抜きにすれば、プッシュピン遊びは、音楽や詩の技芸と同じ価値を持つ」という有名な言葉を残している。

それに対しミルは「満足した豚であるより、不満足なソクラテスである方が良い」と語っている。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

太陽の黒点とフレア 081/365

17世紀半ばから18世紀初頭には、西ヨーロッパでは「小氷河期」と呼ばれるほどの気温低下があった。

『オジマンディアス』 065/365

我が名はオジマンディアス、王の中の王。汝ら強き諸侯よ、我が偉業を見よ。そして絶望せよ!

パルテノンの神殿 017/365

清貧を重んじ、奢侈を嫌う一神教の人々によって、飾りは捨てられ、派手さは削られたのだろう。

オゾン層 109/365

2000000:1である。

『ベーオウルフ』 114/365

8世紀ごろ完成したと言われているが、作者は未詳である。

※2019.09.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30