おんな城主 直虎

おんな城主 直虎第三十四回「隠し砦の龍雲丸」


これではないか…w

 

これですね。

 

こんなん出てましたけどww

 

 

 

小野但馬がいなくなった井伊。

法体のままのおとわ(柴崎コウ)は、まだ鶴(高橋一生)の血しぶきを頭巾につけたまま、ひとり碁を打ち没頭する。演出として、周りが困るような、まるで頭がおかしくなったそぶりでしたが、それぞれの反応が少しずつ違っていて、それはそのまま、小野家への態度の違いを表しているようで、興味深かったですね。

しかし徳川家康(阿部サダヲ)のあの感じはなんなんですかねw
なんだか、井伊を放置したことに気まずさを感じている、かのような…。
それが、のちの、虎松(直政。寺田心・菅田将暉)を取り立てる際の“罪滅ぼし”っぽい理屈になった、という設定なんでしょうか。

龍雲丸(柳楽優弥)は一応モデルはあるものの、実在しないキャラですよね。彼が活躍するということは、この期間、井伊の動きは「フィクション度」が上がる、つまりあまり史実には細かく残ってない時期だということなのかもしれません。ドラマ要素が高くなる。

直虎の異常な様子も、だからこそ許されるというものか…。

今川と徳川、歴史の結果を知っている我々は「ああもう、早くみんな全面的に徳川に味方せんかい…!」とか思ってしまいますけれどw、局地的にはまだどうなるかわからない場所も、たくさんあったでしょうね。

「そのころ都では…」という描写が一切無いという潔さは、このドラマの「局地的」な楽しみ方をすべきという大河にあるまじき奇異な提案をしている、という証拠でもありますw

あっ、但馬(高橋一生)の辞世の句が出てきましたね。

白黒を
つけむと君を
ひとり待つ
あまつたう日ぞ
楽しからずや

これまたもう、小野家も妻子も一切無視して、おとわたった一人に向けたような…(⌒-⌒; )

しかしやっぱり、全体的に、徳川方が「嫌な感じ」に描かれているのはなぜだろう。

なんの“フリ”なんだろう。

やっぱり井伊直政が「異例の大出世」をすることになるための、理由なんでしょうかね…もちろん、後に幕府を開くからって最初から神君家康も聖人君子ではなかったでしょうけど。

 

引き続き、心神耗弱状態にあるおとわ(柴崎コウ)…。

 

今回の「直虎紀行」はここでしたね。

獄門畷

 

 







-おんな城主 直虎
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

材木を抱いて飛べ

おんな城主 直虎第二十五回「材木を抱いて飛べ」

その正体は、ここにあります。

気賀を我が手に

おんな城主 直虎第二十七回「気賀を我が手に」

と思ったら、龍雲丸にはモデルがいるそうです。

おんな城主 直虎第十三回「城主はつらいよ」

おんな城主 直虎第十三回「城主はつらいよ」

お前、今までなんのために托鉢してたんだww!

おんな城主 直虎第二十回「第三の女」

おんな城主 直虎第二十回「第三の女」

もう、なんだかスケコマシとまで言われて、二枚舌扱いになってる。

おんな城主 直虎第十六回「綿毛の案」

おんな城主 直虎第十六回「綿毛の案」

なんかすごく、大事なことを置いたまま、目を逸らされているような気持ちになってきます。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829