自論構築過程

「平和」側の方が全然平和じゃないパターーーン

平和

 

「平和」のことを言うときに、よく見聞きします。

「平和憲法を守れ」
「いや問題あるから改正を」
「へ、平和憲法を変える?」
「はい」
「平和を守らないと?」
「そんなこと言ってませんが」
「改悪だ!平和の敵!」

みたいな。

おかしいですよ、やりクチが。

 

まず自分らの主張に「平和」をつけて、その代表みたいな顔をする。
「平和側」に立つ。

自分らは「平和サイド」だから、
自分らにケチつけたり反対したりすると

「平和にケチつけたり=戦争推進」

「平和に反対=軍国主義者」

みたいなレッテルを貼ろうとする。

 

変ですよ、やりクチが。

それやってる限り、憲法なら「一切触らない」をキープできてれば「永久に勝利」でしょうし、
実態や社会・世界情勢といくらかけ離れていても「平和は守られる」ことになる。

 

「平和」って、「状態」の名前ですから。

 

この本とか読むと、もうめちゃくちゃです。
妄想が延々と書いてある。
これに「おかしい」と言うと、「殺人を推し進めるのか!」とくる、ってことですね。

 

パターーーーーーン!!

 

 

 







-自論構築過程
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今年は靖国へ行かれず(かわりに護国神社へ)。

あれ、コスプレですからね。戦争コスプレ。

これは静電気か?とにかく電気を感じる。シビれる。同じ人は多いはず。

とりあえず、「この辺がシオドキ」ということで、iPhoneを買い換えることにします。

般若心経はかんぜんに間違いだった

著者の勝手な解釈です。妄想です。

君の名は

「君の名は。」を観てきた俺の名を言ってみろ!!

今は、忘れているだけ。
どこかに記憶はあるけれど、今は、しまってあるだけ。

都会と田舎のクルマ運転の違い

にわかには信じられませんがw、よくそれで事故が起こらないものだ…と思ったらふつーにめちゃくちゃ事故、起こってます。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930