自論構築過程

「平和」側の方が全然平和じゃないパターーーン

平和

 

「平和」のことを言うときに、よく見聞きします。

「平和憲法を守れ」
「いや問題あるから改正を」
「へ、平和憲法を変える?」
「はい」
「平和を守らないと?」
「そんなこと言ってませんが」
「改悪だ!平和の敵!」

みたいな。

おかしいですよ、やりクチが。

 

まず自分らの主張に「平和」をつけて、その代表みたいな顔をする。
「平和側」に立つ。

自分らは「平和サイド」だから、
自分らにケチつけたり反対したりすると

「平和にケチつけたり=戦争推進」

「平和に反対=軍国主義者」

みたいなレッテルを貼ろうとする。

 

変ですよ、やりクチが。

それやってる限り、憲法なら「一切触らない」をキープできてれば「永久に勝利」でしょうし、
実態や社会・世界情勢といくらかけ離れていても「平和は守られる」ことになる。

 

「平和」って、「状態」の名前ですから。

 

この本とか読むと、もうめちゃくちゃです。
妄想が延々と書いてある。
これに「おかしい」と言うと、「殺人を推し進めるのか!」とくる、ってことですね。

 

パターーーーーーン!!

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

原発事故

「安全より安心を優先しろ」は寝言か?

出すべき結論が逆でしょう。

自動運転地獄がくるまで

設定して使うのが「87歳」では意味がない

ああ〜っ!タバコ衰退!!

「お商売でやってるんですよね?」ってこと。

乗り物酔いってなんだったんだろう

トラベルミン、マジで必需だった。
半分おまじない的に絶対必要だった。

○○交通は潰れろ

今後、大型ドローンでの人の運搬が可能になったら、それを操縦するでしょう。

書いてる人


2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930