「 境界カメラ 」 一覧

死についての雑談

「死後の世界」を語っているのは全員、生きてる人ですし、「死にかけて戻ってきた」人らも、現に生きてますから、死人ではない。

TOXIC、始まりましたので会員になってね

「自動延長」という機能で、自動に延長されていました当たり前ですね。

天狗にさらわれた少年の話

どうにもこの子の言うことは「全部本当」っぽい。

ちゃうんちゃう3ZONE

こういう話を、24時間も続けられるとは思えないけどなー…

みんなで幽霊を見る日

「あそこの座敷で見た、あの幽霊の掛け軸!!!」という強烈な印象は、もはやその人の一生を支配して、なかんずく「死(または死後)のイメージを決定づけるものになったことは想像に難くありません。

天狗が裁くよ!

はなはだ簡単ではありますが、内容に関する感想を、挙げた全作について、改めて書いておきますね。

SCANDALのFeedback! 「MAMI WEEK」にぶち当たってA賞を当ててもたわたくし

なんなんでしょうこれ。この「プラットホームシンドロームの怪」。ネットを検索してもこれについて言及している人はちょっと探したくらいでは見つかりませんでした。これってなんなんだろう。いつか、ご本人らに確かめてみたい気持ち。

理詰め&BLUES + 〜◯◯なき◯い〜

ヤクザを礼賛するつもりは毫(ごう)ほどもないのですけれど、「特殊な集団/特殊な行動原理」を持っているという点で、やっぱりヤクザ映画は面白い。

電話に出る人、再考。

電話の方が早いから!って、信じ込んでる人らってたぶん、電話の黎明期に生きてたら、「飛脚の方が早い」とか言ってますよ。

【追記あり】怒らないこと

おそらくオートマ車の「クリープ現象」みたいに、アクセル踏まなくてもエンジンの活動で、じわ〜と前に進む感じで。

残りの「黄昏質問群」に答えます

というわけで、「黄昏質問群」を終わります。

理詰め&BLUES +〜黄昏質問群〜

「たそがれしつもんぐん」と読んでください。

【追記あり】理詰め&BLUES +〜おいでやす〜

喋った内容の概要は、以下になります。
実際は「〜だぜ」みたいな口調ではありませんでした。

KYOKAICAMERA B-cam(ユーチューブ)てなに

それにしても「N.C.M.おじさん」の知名度の高さに、驚いていますw

7時間の生放送をほんとにやるという暴挙。

というか、俺が関わってるんだから面白くないわけないだろうが。

またやるの!?第2回「オバケのツボ」

またやるの!?第2回「オバケのツボ」

勝手に借りてきて、勝手に観て、勝手に解釈して勝手に絵に描いて、勝手に紹介するという「オバケのツボ」。

境界カメラ

境界カメラ(ニコ生)てなに

激しい既視感に襲われる可能性もありますが、なんだかおもしろそうでしょう?

書いてる人


Hulu


2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031