境界カメラ@ニコニコ

宇宙についての雑談

僕たちは、宇宙のことぜんぜんわからない この世で一番おもしろい宇宙入門

2019年初頭に装いを新たにし、「あの謎」は解決に向かっているけれど閉局はしないニコ生番組「境界カメラ」。

DVDの第3巻が発売されました。


※なんで画像がねえんだよ

 

そして毎週配信中の番組じたいはさらに自由度が上がり、またぞろ私めがお出番をいただくことになっております。

考えてみるに、私が一人で登場する回はたとえどんなサブタイトルがつこうとも「徳田回」なわけで、内容がなんであっても回顧する際は、おそらくやがて「徳田回」と呼ばれてしまうはずです。

単純に、それならいっそ最初からそういう名前にしてしまおう、と思いました。

2018年は「理詰め&BLUES +(プラス)」というサブタイトルで「一人でしゃべるだけの回」を担当させていただいていましたが、そういう名前(理詰め、とか)をつけると、一部の「常に俺が一番理論的で偉いのだ!」と思いたい、上からモノ言いたいだけのおじさんのプライドを傷つけてしまうようで、「あんなものは理詰めではないw」とか「理屈では俺の方が上!」とか言い出す輩(おっさん)がほんのごく少数、出てくるようですね。

少しだけ面白い現象ですよね。
ほんと、男っていやぁね。
嫉妬っていやあね。
というより、プライドこじらせてる人っていやね。

「+(プラス)」という部分も、このブログからの派生であるということすらそういう人らにはおそらく伝わらずじまいだったんだろうなぁ…なんて思ったりもします。

それについては少し残念ではありますがもう、考えないことにしています。
さらに、どんどん、自由度は上がっていくのかも知れません。

 

【境界カメラ#75】
徳田神也回#4
「宇宙についての雑談」
https://live.nicovideo.jp/gate/lv319838003

 

第一回「死」/第二回「宗教」/第三回「歴史」、でした。

死についての雑談

宗教についての雑談

歴史についての雑談

 

重いテーマだ、
と感じてしまう内容のように見えますが、
じゃあ身内が死んだ時、
「これは…重いぞ…!」とか思います??

思わないんですよ、死は、重いとか軽いとかいうことでは本当はないんです。

 

だから、「雑談しておかないといけない」。

でも「雑談とは言え」、なかなかに強い意味があるような気がしますし、宗教も、歴史も、身構えて「さぁ、お話をうかがいましょう」みたいな場面て、日常にはそうそう無いし、もししょっちゅうあるならあなたは宗教関係者か歴史の研究者でしょう。

そういうテーマで雑談する機会って実はなかなか無いので始めたこのシリーズ、ついに「宇宙」まで行くことになりました。

我々は、大きすぎて意識しないけど、「常に」宇宙の中にいます。

でか過ぎて意識できない、それを意識するって、たまにとても大事だったりしますよね。

例えば、われわれがへばりついて暮らしているこの惑星「地球」は、実は時速1,600kmで自転しながら、「太陽」の周りを、時速10万kmで公転しています。

我々の「太陽」を中心とした「太陽系」は、銀河系の軌道を時速85万kmで公転しつつ、
その銀河系は宇宙のスピードに乗るかたち(膨張してるらしい)で、
秒速630km(時速約216万km)の速度をもって、
どこかに向かって移動しているらしいんです。

 

もう、どうでもよくなる規模感。

だけど、そのわけのわからんくらい巨大で、その外に何があるか、すら理解できない宇宙が、なんとなく自分の頭の中には、すっぽり入っているような気も、する。

酸素がなくて息ができない宇宙空間がなぜそうなっているか、ではなくて、
人間が、酸素があるところでだけ生活できるようになった…と考えるのが正しくて、
同時に世界がこんなに美しく見えるのは、そう見える視覚が人間に備わってくれていて、そう知覚できる機能が脳にあるから、ですよね。

 

では宇宙がある「理由」ってなんだろ?

と考えるとそこにいつしか「神」が出てくることになる。

神のお考えになった、神の創りたもうたこの世界のことは、人間にはわからないのだ…。

ちょうど、人間の視覚の範囲内でしか物が見えないように(紫外線などの不可視光線は見えない、など)、わからない「神の領域があるのだ」と言われ続けてきました。

だけど…数学・物理学・量子学などが発達してきて「あれ?見えるぞ…?」という部分が出てきた(内容はぜんぜん理解できないけど)。

理論上あると言われていたブラックホールを、視覚的に確認できるようなところまで、進んできた。

イベントホライズンテレスコープ
https://ja.wikipedia.org/wiki/イベントホライズンテレスコープ

宇宙が完全に神の領域で、「わからない」を制していた宗教分野から、科学は宇宙を取り上げようとしている。

 

いずれ太陽は消滅します(40億年後くらい?)。

その時、人類はどこにいるんでしょう。
地球にいる限り、太陽が消えたらすべてが終わりです。

地下で暮らす、とかも多分絶対無理。
太陽が消えると、地球はこの場所でぐるぐる回る事すら出来なくなる。
進化とか、適者生存とか、シェルターとかも意味がなくなる。

40億年経つ前に、違う太陽系の、地球に似た星に、みんなで移住しないといけない。

「スペースコロニー」について、日本人だけが異常に理解が進んでいるそうですが(ガンダムのせいです)、宇宙空間に移住することへのコストは、いつ、誰が払うんでしょう。世界政府・地球規模なら可能でしょうけど、そこに住む優先順位はどうやって決めるんだろう。

その時、住民票って移すんですかね。
パスポートは…とか…自分の国から発着なんですかね(着はないか)。
パンツとか替えのシャツとかって何枚持っていけばいいんだろう向こうで買えるのかな。

なんて、「想像するだけ無駄」な部分を含めて、宇宙は広大です。
それは、空間的にも、時間的にも。

どんなものも、宇宙の中にある。
われわれの身の回りにあるものは全て(自分自身も)、宇宙に含まれる概念のカスに過ぎない。

実は私たちは常に、いつも、誰とでも、「宇宙の話」をしているんです。

 

つまり、宇宙についての雑談は、死ぬまで続くのです。

もしかしたら、死んだあと、も。

 

というわけで「○○について」の雑談シリーズはこれで終わり。
次回がもしあれば、どうしましょっかね。

 

 

 

 

 

 

インターステラー(字幕版)
(2015-03-25)
売り上げランキング: 18,827

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-境界カメラ@ニコニコ
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【追記あり】怒らないこと

おそらくオートマ車の「クリープ現象」みたいに、アクセル踏まなくてもエンジンの活動で、じわ〜と前に進む感じで。

理詰め&BLUES +〜黄昏質問群〜

「たそがれしつもんぐん」と読んでください。

歴史についての雑談

あくびしか出ないつまらない、板書を写すだけの授業をただ続ければ安定したお給料がもらえる、「元・歴史ヲタ」なだけの怠惰で堕落した気持ちの悪い社会科教諭どものおかげで(めちゃくちゃ言うなぁw)、「歴史」というのは「おもしろくない」「暗記科目」「過去のことは知る必要はない」なんて言われてしまうことに、なっています。

「緊張する」のはなぜか、について。

ひとことで乱暴に言えば「そんなんどうでもええねん」になるんですがw

理詰め&BLUES + 〜◯◯なき◯い〜

ヤクザを礼賛するつもりは毫(ごう)ほどもないのですけれど、「特殊な集団/特殊な行動原理」を持っているという点で、やっぱりヤクザ映画は面白い。

※2019.05.15更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031