見たもの、思うこと。

ボウイが演じたあの人は…「プレステージ」。

 

4月9日に閉幕したデヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」。

デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」、音楽と映像演出でアーカイブを紹介
https://www.fashion-press.net/news/21016

その中にコーナーとして、ボウイが出演していた映画を少しだけ観る部屋があり、「ラビリンス」「地球に落ちて来た男」「バスキア」などの一部を上映していました。

そんな中、ヒュー・ジャックマンとボウイが紳士的な服装で対面に座って話す、という場面がありました。これなんて映画…??

 

それは「プレステージ」。

原作は「奇術師」という小説だそうです。

2007年の作品。
クリスチャン・ベール(バットマン ビギンズとかの人)も出てるし、スカーレットヨハンソン(攻殻機動隊の人)も出てるし、やたら豪華。

ロンドンのお話。

激しく競い合う二人の奇術師を描く中で、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)が、「なんだかえらいものを発明して装置を作ってるおっさん」の噂を聞き、会いにいくんです。

それが、あのニコラ・テスラです。

ニコラ・テスラ※wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニコラ・テスラ

あの最近よく走ってる「テスラ」は、彼にちなんで命名されているそうですね。

ちなみにティーン向け雑誌「ニコラ」が彼にちなんでいるかどうかは知りません。

ニコラネット
http://www.nicola.jp/

ニコラ・テスラは天才(狂気の)科学者とも揶揄される、交流電流や、蛍光灯を発明した偉人。磁束(磁界の強さと方向の、1Wbを1本とした線の束)の面積当たりの面密度を表した単位「テスラ」にその名を残しています。

一番有名なのは「テスラコイル」ですね。
これ。

どこかのアーティストがステージに演出として取り入れる日も近い。

 

劇中、さらりと「エジソン派」が、屋敷を焼き討ちにする模様が描かれますww

元はテスラの雇い主だったエジソン。キモがちいせえなww


まぁそうなると、ここで「そうだろう?ミスター・テスラ」とは言えませんわな(納得)…。

 

8か国語に堪能だったと言われる孤高の大天才・ニコラ・テスラ。
ちょっと偏屈で気難しい博士を、ボウイは演じています。

ちゃんと見てないと「え?え?どういうこと?」ってなります。
ちょっと長いですが(2時間10分)、集中して観ることをお勧めします。
プレステージ (字幕版)

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アド・アストラ

大地を揺るがす天才の激突。『アド・アストラ』。

キリスト教が生まれるまだ、はるか以前。

東横線・日吉は懐かしくもあまり知らない街だった

先日、日吉へ行きました。 少しだけ日吉に住んでいたことがあります。 「普通部通り」を通って帰ってましたw   東京に一番近くて、でも東京ではない、便利な場所はどこだと。 しかも川崎ではなく横 …

イケメン戦国

イケメン戦国。実際は?

先生、教えてないというより教え方知らないんじゃないですかね。

ポンペイ

あっ!なにも知らないジョン・スノウ、が出てる!『ポンペイ』。

すごい早さで、猛毒ガスが吹きすさぶ。多分、あんなに喋ってる時間はない。予兆の地震はかなりあったはずなんですが、みんな逃げなかったんですね。セリフにあった通り「この世の終わり」だと感じるのも当然です。

週末の「DAVID BOWIE is」を急襲(4回目)

まさか連続で書くことになるとはw

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031