見たもの、思うこと。

ボウイが演じたあの人は…「プレステージ」。

 

4月9日に閉幕したデヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」。

デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」、音楽と映像演出でアーカイブを紹介
https://www.fashion-press.net/news/21016

その中にコーナーとして、ボウイが出演していた映画を少しだけ観る部屋があり、「ラビリンス」「地球に落ちて来た男」「バスキア」などの一部を上映していました。

そんな中、ヒュー・ジャックマンとボウイが紳士的な服装で対面に座って話す、という場面がありました。これなんて映画…??

 

それは「プレステージ」。

原作は「奇術師」という小説だそうです。

2007年の作品。
クリスチャン・ベール(バットマン ビギンズとかの人)も出てるし、スカーレットヨハンソン(攻殻機動隊の人)も出てるし、やたら豪華。

ロンドンのお話。

激しく競い合う二人の奇術師を描く中で、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)が、「なんだかえらいものを発明して装置を作ってるおっさん」の噂を聞き、会いにいくんです。

それが、あのニコラ・テスラです。

ニコラ・テスラ※wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニコラ・テスラ

あの最近よく走ってる「テスラ」は、彼にちなんで命名されているそうですね。

ちなみにティーン向け雑誌「ニコラ」が彼にちなんでいるかどうかは知りません。

ニコラネット
http://www.nicola.jp/

ニコラ・テスラは天才(狂気の)科学者とも揶揄される、交流電流や、蛍光灯を発明した偉人。磁束(磁界の強さと方向の、1Wbを1本とした線の束)の面積当たりの面密度を表した単位「テスラ」にその名を残しています。

一番有名なのは「テスラコイル」ですね。
これ。

どこかのアーティストがステージに演出として取り入れる日も近い。

 

劇中、さらりと「エジソン派」が、屋敷を焼き討ちにする模様が描かれますww

元はテスラの雇い主だったエジソン。キモがちいせえなww


まぁそうなると、ここで「そうだろう?ミスター・テスラ」とは言えませんわな(納得)…。

 

8か国語に堪能だったと言われる孤高の大天才・ニコラ・テスラ。
ちょっと偏屈で気難しい博士を、ボウイは演じています。

ちゃんと見てないと「え?え?どういうこと?」ってなります。
ちょっと長いですが(2時間10分)、集中して観ることをお勧めします。
プレステージ (字幕版)

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お笑い短歌道場

お笑い短歌道場がやって来た!!

あの中に我々と同じ機能の内臓がぜんぶおさまってるとは到底思えないんですよね…でもあんまりジロジロ見るのは、禁止ですw

平将門を祀る場所、へ来た。(写真40枚)

とにかく「最強の武将にも弱点があり、かなりの偶然さえなければ、負けることはなかったんだ!」という気持ちが込められているような、そんな気がしますね。

db

来た見た買った「DAVID BOWIE is」(3回目)

そして、それは実現した。ボウイにしかできないボウイ越え。

六本木JOJO原画展とOWSONとドドドカー

「音声ガイド」は使った方がいいですよ、550円。

ファンタスティック・ビースト

ファンタスティック・ビースト観て来ましたよ

なにしにニューヨークへ来たんでしたっけ?

書いてる人


Hulu


2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930