1日1ページ、世界の教養365 音楽

イーゴリ・ストラヴィンスキー 334/365

ストラヴィンスキー:春の祭典&火の鳥

ストラヴィンスキーが書いた有名な三つのバレエ音楽のうち、最も物議を醸したのは「春の祭典」だ。

東ヨーロッパの民謡からとられた、印象的なファゴットで始まるこの作品は、初演時、ブーイングや嘲笑が起こり、数分後には暴動が発生した。

舞台は中断を余儀なくされたが、観にきていたモーリス・ラヴェルは感服し、「天才だ!天才だ!」と叫んだという。

彼はやがてヨーロッパの暮らしに不満を感じ、アメリカに渡る。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サルバドール・ダリ 346/365

奇異にうつる言動は、その手法を突きつめたものであったのだろうか。

ジャクソン・ポロック 353/365

彼は完成作品と同じくらい、絵を描く行為を大切だと考えていた。

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン 356/365

彼は哲学的問題は、言語についての混乱に原因があると語った。

ブラウン対教育委員会裁判 351/365

主席判事のアール・ウォーレンは、その判決理由の中で、「公立教育という分野に『分離すれど平等』の原理が入る余地はない」とした。

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930