1日1ページ、世界の教養365

善いサマリア人 119/365

しんせつなサマリア人―せいしょものがたり

「サマリア人」そのものは、現在では数百人しかいない。

イエスがたとえとして使った「サマリア人」は、当時、放浪して、モラルが低い民族、と考えられていた。だからこそ、「隣人を愛す」の極端な例として効果があったのだ。

一人の旅人が追い剥ぎに遭い倒れていた。
司祭が通りかかったがひどい有様を見て立ち去った。

次にレビ人が通りかかったが、彼も立ち去った。

最後にサマリア人が通りかかり、
彼を解放し、食事を与えた。

この話はルカの福音書にある。
イエスが弟子たちに求めた、愛の姿を語ったと言われている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

温室効果 025/365

これは「人類初」のことなのか。

『ベーオウルフ』 114/365

8世紀ごろ完成したと言われているが、作者は未詳である。

ホメロス 030/365

「アキレス腱」に、「アキレスの身体にある腱」以上の意味を持たせたのは、ホメロスなのである。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 073/365

ラファエロは、「アテネの学堂」で、彼をモデルにプラトンを描いた。

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

※2019.05.15更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031