1日1ページ、世界の教養365

地震 074/365

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)

ヨーロッパでは地下に石灰岩があるが、長い年月をかけて降り積もっている。
日本の石灰岩は、生成の過程で大陸プレートの移動による猛烈な圧力がかかっているため、ヨーロッパの石灰岩に比べ、かなり固い。

ヨーロッパはそのほとんどが大陸プレートそのものに乗っているために、それらが移動することによる地震は比較的少ない。

日本は、火山性の地震と合わせるとかなり多くの地震が起こる。
2018年の1年間では2179回。震度5以上は11回起こっている。

インドの神話によると、大地は四頭の象に支えられており、その象たちは大きな亀の甲羅の上に立っている。その大きな亀は蛇をまたいで立っており、そのどれかが少しでも動くと、地震が起こると考えられていた。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プラトンの洞窟と比喩 034/365

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

音楽の基礎 005/365

転調と言えば、話題になっていたのがSHISHAMOの『明日も』という曲だ。

中世哲学 083/365

アベラールはエロイーズのおじに激怒され、局部を切断されている。

アントニオ・ヴィヴァルディ 061/365

今でも、ヴィヴァルディの曲を聴かない日はない、というほどに、日常のBGMとして流れている。

『四季』 068/365

不遇のうちに人生を終えたが、彼の残した「四季」を知らない人はいない。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031