1日1ページ、世界の教養365

バールーフ・スピノザ 125/365

フェルメールとスピノザ 〈永遠〉の公式

スピノザが1670年に著した「神学・政治論」は、彼の死後もなお、論争の的となった。

彼は神や聖書の解釈を、それまでとは違ったものとして考えた。
人間が道徳的に生きるために必要とされるのが宗教であって、神の実存や本質を信じることではない、としたのだ。

これは当然、17世紀のヨーロッパで受け入れられることは難しかった。
ゆえにこの本は、匿名で出版された。

死後すぐに発売された「エチカ」で彼は、神は自然の総体にすぎず、宗教が言うように独立した創造者ではない、という考えを披露した。

そして、この世界には意味も目的もないと結論づけた。そしてその上で、人間はどうすれば幸福に迎えるのかを考えた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ホメロス 030/365

「アキレス腱」に、「アキレスの身体にある腱」以上の意味を持たせたのは、ホメロスなのである。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

ヘンデルの『メサイア』 103/365

彼はこの「メサイア」をわずか24日ほどで書き上げたという。

『カンタベリー物語』100/365

なんらかの理由でそれが、24にとどまることになった。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031