1日1ページ、世界の教養365 音楽

和声(ハーモニー) 019/365

S.H.フィギュアーツ ハリー・ポッターと賢者の石 ハーマイオニー・グレンジャー(ハリー・ポッターと賢者の石) 約120mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

違う音が重なり合う状態を「明るい」「暗い」「心地よい」などと感じるということ、それ自体が「和声」の発見の動機だったのだろうと考えると、この世に「和声」というものがもともと存在するのではなくて、人間が「和声で動く感情を持つまでに進化した」と言えるかもしれない。

ハーモニーの語源は「固定」「つなぐ」という意味のギリシャ語「ハルモニア」なのだそうだ。

不協和音を織り交ぜることで楽曲に深みを出す、という技法もあって、だからこそ協和する和声が、安定的で心地よく感じるのだろう。

単音だった携帯電話の着信音に「和音が使える」となった当時(1996年?)、自分で楽曲の音階を和音にしてアレンジする人もたくさんいた。着メロがサーバからダウンロードできるようになってその文化はついに潰えたが、「この重なりが気持ちいい」という和音の文化と、それを操る音楽人へのリスペクトは、消えることはない。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ベートーヴェンの『交響曲第九番「合唱付き」』 180/365

ベートーヴェンは「第九」を完成させた数年後に亡くなった。 これを書いたとき彼は、すでに何も聴こえなくなっていた。 あの繊細で軽快で、幸福感に満ち溢れたクライマックスを持つ「交響曲代食う番」は、聴力を失 …

エドガー・ドガ 199/365

彼は自分の作品に対して批判的だった。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

『これは世界に宛てた私の手紙』 310/365

ディキンソンは1700編以上の詩を書いたが、生前に発表したのは、そのうちのわずか7編だった。

神殿と聖櫃 077/365

「第一神殿」は、紀元前586年、ネブカドネザル2世というバビロニア王の軍によって破壊された。



書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930