1日1ページ、世界の教養365 科学

ピタゴラスの定理 319/365

ガシャポンタマゴラス [1.ティラノ](単品)

ピタゴラスはギリシャで、数字を崇拝する教団を率いていた。
ピタゴラス教団では、1〜4の4つの数字をテトラクテュスと呼び、礼拝していたという。

「ピタゴラスの定理」で知られた定理は、彼の発明ではない。
西洋で初めて、だということだ。

中国ではこの定理を「勾股(こうこ)定理」と呼び、紀元前500年ごろに書かれた数学書に現れる。
メソポタミアでも、古代エジプトでも同じ定理は使われていたようだ。

ピタゴラスはこの定理の発見を喜び、牛を犠牲に捧げた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 科学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最後の晩餐 140/365

イエスは、この晩餐の後、みずからにどんな運命が迫るのかを知っていた。

音楽のジャンル 110/365

公・私ともに、ヨーロッパの音楽は、「社交の場を盛り上げるため」に発展していった。

デヴィッド・ヒューム 202/365

この著作は、彼が死んだ後に出版されるように手配されていた。

『ホイッスラーの母』 192/365

この絵はアメリカの母親を讃えるために、郵便切手の図柄に採用された(1934年)。

睡眠 200/365

この時に、筋肉が再生すると言われる。

書いてる人



2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031