1日1ページ、世界の教養365 哲学

実存主義 314/365

異邦人

フランスの哲学者たちの思想を説明するために作られた用語である。

ジャン=ポール・サルトルやアルベール・カミュは、小説と哲学書を書いている。
サルトルは小説「嘔吐」で「世界は不条理であり、意味などない」という吐き気をもよおす感情について書いた。

カミュは小説「異邦人」で、自分の人生に対する責任、選択の自由といった実存主義的なテーマを描いた。

サルトルの戯曲「出口なし」には、有名なセリフ「地獄とは他人のことだ」が出てくる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

スペインの新大陸進出 120/365

スペインは中南米を制し、膨大な数の現地人を殺し、金銀財宝を奪い、アステカ・インカ両帝国を滅ぼし、最大・最強国になった。

エクトル・ベルリオーズ 208/365

奇しくも第五楽章で表現したことが、現実になったように。

東方正教会 175/365

口承の伝統が強いので、カトリックほど、聖書に頼らない。

ジョセフ・スミスとモルモン教 196/365

アルコール、タバコ、コーヒー、お茶は禁じられている。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930