1日1ページ、世界の教養365 哲学

実存主義 314/365

異邦人

フランスの哲学者たちの思想を説明するために作られた用語である。

ジャン=ポール・サルトルやアルベール・カミュは、小説と哲学書を書いている。
サルトルは小説「嘔吐」で「世界は不条理であり、意味などない」という吐き気をもよおす感情について書いた。

カミュは小説「異邦人」で、自分の人生に対する責任、選択の自由といった実存主義的なテーマを描いた。

サルトルの戯曲「出口なし」には、有名なセリフ「地獄とは他人のことだ」が出てくる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

ルネサンス美術 059/365

14世紀初頭、イタリアで起こった、「個人主義」の萌芽から、ルネサンスは始まったと言える。

ジハード 280/365

ジハードにはそもそも、よりよいイスラム教徒になるための内面的な奮闘や、書物や説教や学問を通じて悪と戦う奮闘が含まれる。

静電気 102/365

ベンジャミン・フランクリンはそこから、「避雷針」を考え出した。

使徒 126/365

この「岩」が何を指しているのか、いまだに議論がある。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031