1日1ページ、世界の教養365

生殖 172/365

有性生殖論 「性」と「死」はなぜ生まれたのか (NHKブックス)

生殖は、無性生殖と有性生殖に大きく分かれる。

有性生殖は、オスがメスを、メスがオスを探し、つがいとなり、生殖行動を行うという、多大なるエネルギーと時間を消費する。

その代わり、多様な形質を作り出すことができ、種の保存という意味ではリスクを分散することができる。

無性生殖では、親と同一のDNAをそのまま引き継ぐため、比較的安全な環境を必要とする。そうでないと、すべてが滅んでしまう。

環境によって、またはエネルギーコストの是非によって植物・生物は、無性生殖と有性生殖を、選びとっている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ガブリエル・ガルシア=マルケス 058/365

当たり前のように感じるからリアリズム、ということで、登場人物たちは、現実には起こりえない魔的な現象に、何も言わない。

ダビデ王 063/365

すでにここから、あの「ダビデ王」になる片鱗は現れ始めた。

ゴシック美術 045/365

そもそもは古代ローマ帝国を侵略した蛮族「ゴート族(Goths)」に由来する。

アプリオリな知識 132/365

1+1=2、は、アプリオリな知識なのだろうか。

タルムード 084/365

タルムードは、「ミシュナー」と「ゲマーラー」の2部で構成されている。

※2019.09.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30