1日1ページ、世界の教養365 音楽

コープランドの『アラパチアの春』 348/365

春の歌

この「アパラチアの春」という曲は、最初、振付師マーサ・グレアムの舞踏団の公演のために依頼されて書いた。そのため、初演の数週間前まで、曲名は「マーサのためのバレエ」という名前だった。

アメリカ議会図書館のエリザベス・スプレーグ・クーリッジ財団が依頼した。

もともとは小編成の室内楽団用だったが、フル・オーケストラ用に編曲し直した。
彼の「アメリカ的牧歌」時代の代表曲である。

アーロン・コープランド 341/365

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

印象主義のクロード・ドビュッシーとモーリス・ラヴェル 299/365

二人は疎遠になった。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

今年(2019年)はどんな年でしたか。

アントン・チェーホフ 163/365

1896年の「かもめ」初演は散々だった。

『ホイッスラーの母』 192/365

この絵はアメリカの母親を讃えるために、郵便切手の図柄に採用された(1934年)。

イエスの復活 154/365

墓にイエスの死体はなく、弟子たちの前に現れた復活したイエスは約40日後、昇天して永遠に消えた。



書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031