1日1ページ、世界の教養365 音楽

コープランドの『アラパチアの春』 348/365

春の歌

この「アパラチアの春」という曲は、最初、振付師マーサ・グレアムの舞踏団の公演のために依頼されて書いた。そのため、初演の数週間前まで、曲名は「マーサのためのバレエ」という名前だった。

アメリカ議会図書館のエリザベス・スプレーグ・クーリッジ財団が依頼した。

もともとは小編成の室内楽団用だったが、フル・オーケストラ用に編曲し直した。
彼の「アメリカ的牧歌」時代の代表曲である。

アーロン・コープランド 341/365

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イギリスの北アメリカ植民地 127/365

この、最初の考え方の違いのようなものが、今日のアメリカ人の、アイデンティティに残る緊張状態の根源だと言う人もいる。

『星月夜』 269/365

ゴッホは1889年6月19日の夜、サン=レミの精神病院で、これを描いた。

観念論 195/365

そこにある物は、私たちが意識しない時も、そこにある。

オゾン層 109/365

2000000:1である。

現象と実在 006/365

逆に言えば、「三原色を感知する能力しかないから、世界が、こんな風にしか見えていない」とも言える。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031