1日1ページ、世界の教養365 宗教

ジョセフ・スミスとモルモン教 196/365

モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)では、「モルモン書」が聖書と並ぶ神の言葉だと信じられている。

「モルモン書」は10代半ばに霊的な体験の中で、イエス・キリストと神に会ったという創始者、ジョセフ・スミスが作ったものだ。

モロナイという天使からジョセフは促され、「金版」を見る。これを翻訳することを許された。
「金版」は、エジプト文字の一種で書かれていたという。

モルモン教には「知恵の言葉」と呼ばれる、食事に関する規定がある。
アルコール、タバコ、コーヒー、お茶は禁じられている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。


にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 宗教
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ネフェルトイティの胸像 010/365

ドイツの皇太子に「すごい」と褒められたボルハルト博士が、「偽物です」と言い出せなくなって今に至る…然もありなん…。

ガブリエル・ガルシア=マルケス 058/365

当たり前のように感じるからリアリズム、ということで、登場人物たちは、現実には起こりえない魔的な現象に、何も言わない。

概日リズム 193/365

それは視交叉上核にあると言われる。

モダニズム 044/365

神がすべてを説明してくれると信じられていた時代から、世界にはわからないことだらけなのだ、という時代に進み、そのおかげで科学は発達してきた。

イエスの磔刑 147/365

イエスは激怒していた。















2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031