1日1ページ、世界の教養365

ジョセフ・スミスとモルモン教 196/365

モルモン書は現代の偽典 ジョセフ・スミスが19世紀アメリカで霊感によって著した

モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)では、「モルモン書」が聖書と並ぶ神の言葉だと信じられている。

「モルモン書」は10代半ばに霊的な体験の中で、イエス・キリストと神に会ったという創始者、ジョセフ・スミスが作ったものだ。

モロナイという天使からジョセフは促され、「金版」を見る。これを翻訳することを許された。
「金版」は、エジプト文字の一種で書かれていたという。

モルモン教には「知恵の言葉」と呼ばれる、食事に関する規定がある。
アルコール、タバコ、コーヒー、お茶は禁じられている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルネサンス音楽 040/365

あのマルティン・ルターも、賛美歌を書いたという。

ノア 014/365

神が急に決めた「7日後から40日間、大雨降らせて壊滅的な洪水を引き起こすから」という無茶に、すごい速さで対応して世界を救ったノア。

侵害受容:痛みを知覚すること 046/365

脳内にある痛みに関する部位は、身体的な痛みと、感情的な痛みを区別していない。

『荒地』 219/365

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

悪の問題 223/365

神が全知全能で、完全なる善ならば、なぜこの世には悪がはびこっているのだろう。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031