自論構築過程

ただ、生きて、過ぎていく。

 

クラウンモデル ホップアップエアリボルバー No.19 S&W M29 8インチ ブラック 10歳以上エアーソフトガン

 

海が見える丘で

実は昨日、9月29日は、私の祖母の誕生日でして、100です。

うそいつわりなく、それを思い出したのはコンビニでこれを見たからなんですけどw

赤城乳業 Sof’ バニラ 150ml×16個

 

 

祖母、ね。

100歳ですよ100歳。満100。

大正6年、だったかな…1917年。
いやぁすごいな。
ウィキペディアを見てみると1917年、まさに歴史の世界。

1月11日 – 第一次世界大戦:駐日英国大使が日本艦隊の欧州派遣を本野外相に要請
2月1日 – 第一次大戦: ドイツが無制限潜水艦作戦を宣言
12月6日 – フィンランドがロシアから独立を宣言
志賀直哉『城の崎にて』

誕生
1月20日 – 中村歌右衛門 (6代目)、歌舞伎役者
2月11日 – シドニィ・シェルダン、脚本家・小説家

死去
9月27日 – エドガー・ドガ、画家

ドガがまだ生きてた(2日前まで)!!

夏目漱石の没年は1916年ですから、そういう時代です。

「100年前」の画像検索結果
https://www.google.co.jp/search?q=100%E5%B9%B4%E5%89%8D&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwi_iMDf58vWAhVCXbwKHfwfDz8QsAQIOA&biw=1155&bih=1183

祖母はね、もう、まともにお話ができる状態ではないのですが、以前に聞かせてもらった話がありました。

「このあたりで昔、競馬をやってた。そこへ歩いて、券を売る仕事をみんなでしに来てた」

「どれくらい前?」

「70年前」

 

ナナナ70年前!!!!

20年前〜とか、まぁ30年前、とかが、我々の会話に出てくる頻度の高い年数じゃないですか。70年前。想像がなかなか難しいなぁ、と思ったことを思い出します。

古い記憶はまだまだ埋まってるんでしょうけど、それを、例えば時系列をしっかりと、教えてもらうことって、できないんです、もう。そう思うと、まだハキハキとしているじっちゃんばっちゃんが近くにいる人は、昔の話、無理矢理にでも聞き出しておいた方がいいぞ!!

やっぱりその「70年前の話」はインパクトあって、今でもたまに、「こんな感じだったのだろうか…」とか、モノクロで想像することがあります。そういうの大事ね。

 

ヨガやってないんで125までは生きられないとは思いますがw、昨日が祖母。んで今日が私。一緒にお祝いを(なんせ100ですから)の予定だったんですが、今日はちょっと…なんせホラー投稿を紙芝居方式でレンタル君が紹介するやつがあるんで…ww

またやるの!?第2回「オバケのツボ」

もはや自分にとって誕生日は、「めでたい」とか「ハッピー」という範疇を超えているので、メッセージもらったりしたら「ありがとうございます!!」なんですけど、どうも静謐というか、ふんふんふん…と静かに過ぎていくただの日常、なんですよね…区切りでもなんでもないし。

 

そういう感じです。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

そんなものに、答えがあるかッッッ!!

少々言い過ぎましたか。

般若心経はかんぜんに間違いだった

著者の勝手な解釈です。妄想です。

無理やり小沢健二の「流動体について」について考えてみる実験

無理やり小沢健二の「流動体について」について考えてみる実験

最大の難所「君の部屋の下」。

悩み

すべての悩みを解決する方法を、今から書きます。

心に積まれた、「空箱」を捨てるのです。

モノへの執着は無くなるか…!?

  ちょっとずつ、モノへの執着が小さくなってきているのを感じています。もちろん大事な物はあるし、なんでも粗末にはしないように心がけたいと思ってはいます。執着というのは、実は「その物自体へでは …

書いてる人


2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930