1日1ページ、世界の教養365

チャールズ・ダーウィンと自然選択 130/365

エクアドル:ガラパゴス諸島

「種の起源」は1859年、ようやく出版された。
ようやく、とは、ダーウィンが公表をためらっていたからだ。

宗教に与える衝撃と影響を考えて、ダーウィンは「神の手ではなく、すべからく動物は環境に合わせて適者生存している」という自論を、抑えていたのだ。

彼の母は、あのジョサイア・ウェッジウッドの娘である。
医者の父を継ぐこともなく、父が望む聖職者にもならなかった。

解剖学や地質学、植物学が好きだった。
ビーグル号に乗ってガラパゴス諸島などを見て回って発見したことが、のちの「自然選択」論につながっていく。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

宗教改革 182/365

こうして、ヨーロッパ全土を巻き込み、大量虐殺さえ起こった宗教改革は始まった。

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

アントン・チェーホフ 163/365

1896年の「かもめ」初演は散々だった。

ブラックホール 032/365

その部屋は地球・月を含めたこのあたりすべてを飲み込んで、静かな暗黒になるだろう。

神の存在証明 090/365

科学の発達や進化論の推進によって、多くの哲学者も否定的な意見を持っている。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031