1日1ページ、世界の教養365 宗教

コンスタンティヌス一世 189/365

ローマ人の物語 (13) 最後の努力 (ローマ人の物語 13)

「大帝」と称される。

コンスタンティヌス一世は、キリスト教を初めて公に認めた皇帝だ。

最初は信じていなかったし、死の床まで自身は回心していない。
しかしミラノ勅令や二ケア公会議など、キリスト教が全世界に、現在の発展にいたる最初のきっかけを作った、最初の権力者であることは間違いない。

西暦312年、ミルウィウスの戦いに赴くとき、空にイエス・キリストのイニシャルを示すギリシャ文字が浮かんでいた。

続けて「これによって勝て」と読める文字が現れたのだという。

戦いに実際に勝った彼は、キリスト教を認める方向へ、舵を切っていった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 宗教
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キュビズム 311/365

ブラックとパブロ・ピカソは、主としてフォルムを分解することに関心を寄せた。

チャールズ・ダーウィンと自然選択 130/365

彼の母は、あのジョサイア・ウェッジウッドの娘である。

19世紀の民族主義 271/365

彼は楽譜で、通常のオーケストラに加えて、本物の大砲を使うように指示している。

バロック美術 129/365

バロック美術は普通、「演劇的」「感情に訴える」「ダイナミック」「荘厳」などと形容される。

幹細胞 179/365

成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930