1日1ページ、世界の教養365 音楽

モーツァルトの『レクイエム』 145/365

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 64.ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム (荒木飛呂彦指定カラー)

モーツァルトはバッハと、ヘンデルの対位法的作曲スタイルに関心を寄せ、死ぬ間際まで「レクイエム」の作曲を続けた。

1791年7月、彼の家に、見知らぬ男性がやってきた。
そしてレクイエムを書いて欲しいと依頼したのだ。

実はアマチュア音楽家、フランツ・フォン・ヴァルゼック伯爵の使者だったことが、モーツァルトの死後明らかになった。
彼はレクイエムをモーツァルトに書かせて、自分の名前に書き換え、自分の作品として世に発表しようとしていたというのだ。

不摂生と働きづめの生活で、モーツァルトは疲弊していた。

結局、モーツァルトが残した最低音部の草稿をもとに、弟子のフランツ・ズュースマイヤーが最後まで完成させた。


 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハーレム・ルネサンス 016/365

アメリカを構成する一つの重要な要素としての、アフリカン・アメリカンの矜持が示された。

ポール・セザンヌ 206/365

ピカソは彼を「私たち全員の父」と呼んで敬愛した。

ブラウン対教育委員会裁判 351/365

主席判事のアール・ウォーレンは、その判決理由の中で、「公立教育という分野に『分離すれど平等』の原理が入る余地はない」とした。

グッゲンハイム美術館 304/365

設計は、すでに名声を得ていたフランク・ロイド・ライトに託された。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031