1日1ページ、世界の教養365 音楽

ジョージ・フレデリック・ヘンデル 096/365

ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ集

ヘンデルの書いたオラトリオ「メサイア」は、今でも世界中で、クリスマスに演奏されている。

彼はイタリアの偉大な作曲家と多く交友関係を気づき、自らもバッハと並び称される後期バロックの大作曲家になった。

ドイツの小さな町で生まれた彼が書いた、イタリア語のオペラ(「リナルド」や「エイシスとガラテア」など)はロンドンで大人気となり、彼はイギリスで最高峰「ロイヤル音楽アカデミー」の中心部つとなった。

彼のイギリスでの活躍には、ハノーファー選帝侯の存在が欠かせない。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

『星月夜』 269/365

ゴッホは1889年6月19日の夜、サン=レミの精神病院で、これを描いた。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

アンドルー・ジャクソン 211/365

第七代アメリカ合衆国大統領。

『ダビデ像』 108/365

それを聞いたミケランジェロは、鼻の一部を「削るフリ」をしたという。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031