1日1ページ、世界の教養365

ブラックホール 032/365

インターステラー(吹替版)

NASAやJAXAが打ち上げるロケットが、地球を飛び出すことができるのは、地球の重力よりも速い速度を出せているからだ。

私たちには「落ちた」としか感じない大気圏脱出失敗は、「地球に戻ってしまう」と表現することもできる。

ブラックホールは重力が無限大で、半径はゼロ。この重力に勝てる速度は、光しかない。光の速さで飛行できて、そこに人間が乗っている、という乗り物は作ることが不可能なので、ブラックホールの中心に近づくことは、人間にはできない。

光すらも吸収するほどの重力なので、その存在を目で見ることすらできない。

もしアメリカかどこかの大学の研究室で、ブラックホールを作ることが完全に可能になったら。ある部屋で、ブラックホールが出来たら。

その部屋は地球・月を含めたこのあたりすべてを飲み込んで、静かな暗黒になるだろう。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートベン 173/365

彼は手紙に「私の心の中にあるものは出てこなくてはならず、だから私は曲を作るのです」とつづっている。

ルネ・デカルト 104/365

「われ思う、ゆえにわれあり(コギト・エルゴ・スム」は、肉体と精神を分けて考えるという説明に、よく使われる。

ベンジャミン・フランクリン 155/365

彼はアメリカ独立宣言と、合衆国憲法の両方に署名した偉人だ。

プラトンの洞窟と比喩 034/365

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031