1日1ページ、世界の教養365 宗教

シーア派とスンナ派 231/365

カリフ制再興 ―― 未完のプロジェクト、その歴史・理念・未来

ムハンマドは、後継者をはっきりと指名し、決定しなかった。

それが、彼の死後、現在まで続く対立につながっている。

シーア派は、娘婿であったアリーを。
スンナ派は、友人であり義父でもあるアブー・バクルが初代の正統なカリフになったと主張する。

数百年続くこの二派の対立は、現代の政治的な多くの問題も生み出している。

最大会派であるスンナ派は全体の90%を占める。
国によって指導的立場にある派が違うため、それは政治問題と直結したりする。

メッカ巡礼の時は、両派とも質素な服装と定められているため、民族は社会的地位などの違いは見分けがつかなくなる。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 宗教
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

タージ・マハル 150/365

言い伝えによると皇帝は、自らを死後に葬るための、黒大理石の墓を対岸に建てるつもりだったらしい。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートベン 173/365

彼は手紙に「私の心の中にあるものは出てこなくてはならず、だから私は曲を作るのです」とつづっている。

パリのノートルダム大聖堂 052/365

フランスの歴史の、節目を見届けきた大聖堂。

ハーレム・ルネサンス 016/365

アメリカを構成する一つの重要な要素としての、アフリカン・アメリカンの矜持が示された。

サラ 035/365

その歳になると、急激な感情の起伏は心臓に悪いということか…。

※2019.09.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30