1日1ページ、世界の教養365

プラトン 020/365

プラトーン(字幕版)

プラトンは魂を「欲望」「気概」「理性」の三つに分け流という考えを提示した。そしてそれらによって、「国家の正しい姿」を論じようとした。

そのころの国家的ポリス社会では、人工的にも、地勢的にも、じゅうぶんに説明可能なことだったのだろう。

裕福な家庭に生まれた市民でありながら政治家にはならず、哲学に進んだプラトン。

この世にあるものは「イデア」を模倣しているのだと考えたその発想力は、やはり現代にも受け継がれ、抽象的な思考の原器となっているのだと言えるのだろう。

ソクラテスの弟子でありアリストテレスの師であるプラトンは、「プラトニック・ラブ」という言葉でずいぶんと誤解をされてもいるようだ。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハーレム・ルネサンス 016/365

アメリカを構成する一つの重要な要素としての、アフリカン・アメリカンの矜持が示された。

ハシディズム 098/365

汎神論(どこにでも神はいる)と「デベクート」と呼ばれる神との密着状態を説き、反発と同時に、熱狂をも呼んだ。

ロゼッタ・ストーン 036/365

彼は20歳までにラテン語・ギリシア語・ヘブライ語・アムハラ語・サンスクリット語、アヴェスタ語・パフラヴィー語・アラビア語・シリア語・ペルシア語・中国語を習得していたという。

『四季』 068/365

不遇のうちに人生を終えたが、彼の残した「四季」を知らない人はいない。

温室効果 025/365

これは「人類初」のことなのか。

書いてる人


Hulu


2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930