1日1ページ、世界の教養365 哲学

懐疑論 097/365

マトリックス (字幕版)

デカルトは「省察」で、懐疑論を有名にした。
カントは哲学者が懐疑論を解決できないことを恥だとした。
ハイデッガーはそれを解決しないといけないと考えていることがおかしいと訴えた。

この世は、自分は、他者の知識は、外部の絶対的な力を持った存在によって、すべて作られたのではないか??

という問い(懐疑)は、証明ができない。

「そんなことはない」と自分は、言い切ることができない。
なぜならそんな断言は、「すっかり騙されているがゆえ」のものかもしれないからだ。

我々は、コンピュータの中の、小さなプログラムに過ぎないのではないか。
我々の活動、悩み、未来への知見もすべて、水槽の中を覗く大きな存在によって、実験中のものなのかも知れない。

常識が覆らざるを得ない外界についての懐疑論は、今でも多くの人の心をとらえ、そして惑わせている。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

福音書 161/365

ヨハネによる福音書は、イエスが死んだ責任はユダヤ人にある、と主張する人たちの、根拠となっている。

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートベン 173/365

彼は手紙に「私の心の中にあるものは出てこなくてはならず、だから私は曲を作るのです」とつづっている。

使徒 126/365

この「岩」が何を指しているのか、いまだに議論がある。

フランス王ルイ14世 141/365

国王が絶対的権力をほしいままにする体制を作ったが、それ自体が、フランス革命への道を作ることになった。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031