1日1ページ、世界の教養365 哲学

ストア派 069/365

dアニメストア

その名は、アテネの中央広場にあった彩色柱廊(ストア・ポイキレ)に由来する。

紀元前3世紀〜紀元後2世紀に盛んになったストア派の研究者たちは、この場所で哲学について語り合ったという。

ストア派は、人間の感情というものは単なる感覚ではないと主張した。
病気を恐れるにはまず、病気は悪いものだという考えを持っていなければならない。

真の徳を備えた人であるならば、病気になっても幸福でいられるのだから、まず病気を悪いものだと考えることが間違いだと。

人間が持つ感情を排除し、正しい考えを持つことで行動や人生は正しく、幸福に向かっていく。

ギリシャ語で「エウダイモニア」と呼ばれた「幸福」を追い求めるというのが、彼らの主たる重要な課題だった。

彼らの主張は、古代文明を経て、今も全世界に、変わらず影響を与え続けている。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ロマン派の時代 187/365

旋律が最重要視され、そのためには形式すらも犠牲にされた。

ベートーヴェンの『交響曲第九番「合唱付き」』 180/365

ベートーヴェンは「第九」を完成させた数年後に亡くなった。 これを書いたとき彼は、すでに何も聴こえなくなっていた。 あの繊細で軽快で、幸福感に満ち溢れたクライマックスを持つ「交響曲代食う番」は、聴力を失 …

『最後の晩餐』 080/365

ダヴィンチは、ユダの心理状態を描いた。

モーツァルトの『ピアノ協奏曲第21番』と『交響曲第41番』 166/365

モーツァルトはウィーン時代に、ピアノ協奏曲を17曲作った。

ロベルト・シューマンとクララ・シューマン 215/365

ロベルトは病んでいた。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031