1日1ページ、世界の教養365

『四季』 068/365

アントニオ・ヴィヴァルディ音楽 ダウンロード

ヴィヴァルディのヴァイオリンの腕は1715年、演奏を聴いた人たちが驚くほどのものだった。
不遇のうちに人生を終えたが、彼の残した「四季」を知らない人はいない。

四季の楽譜には、作者不明のソネット(詩)が添えられており、例えば「夏」には「焼け付く太陽の容赦ない暑さに/人も家畜もぐったりとしていて/松の木は今にも焦げそう」と書かれている。

曲のイメージ、聴衆の想像力を補助するにあまりある役割を果たしている。

もともと「四季」は、「和製と創意への試み」と題された協奏曲集の一部だったという。

アントニオ・ヴィヴァルディ 061/365

 

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イデア 027/365

すでに知っているからこそ、真に認識するのは「想起」だと。

モダニズム 044/365

神がすべてを説明してくれると信じられていた時代から、世界にはわからないことだらけなのだ、という時代に進み、そのおかげで科学は発達してきた。

『グレート・ギャッツビー』 079/365

彼はこのタイトルにするのに何ヶ月も悩んでいたという。

和声(ハーモニー) 019/365

ハーモニーの語源は「固定」「つなぐ」という意味のギリシャ語「ハルモニア」なのだそうだ。

メンデルの遺伝学説 060/365

彼は庭を歩き回るうち、エンドウ豆の特徴に目をつけ、実験をした。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031