1日1ページ、世界の教養365

ソロモン王 070/365

ソロモンの鍵

大岡越前(1677年〜1752年)の、「我が子だと主張する二人の女性が、子供を引っ張り、痛がるがゆえに手を離した方を本物だとした名裁き」の元は、ソロモン王の名声を讃える、聖書中のエピソードに由来する。

ダビデ王の息子として、イスラエル王国に繁栄をもたらした名君。
モーセが手にしたという十戒が記された石版を納めた聖櫃を安置した、「第一神殿」の建設に着手した。
この神殿は、豪奢でありすぎたがゆえに、異教の崇拝方式である「偶像」が含まれているという批判を多く受けることにもなった。

バビロニアの軍隊に壊されてしまったあと、第二神殿も建てられたが、これはローマ軍によって破壊された。ユダヤ教徒の中には、救世主が現れたあと、「第三神殿」が建設されると信じる人たちもいいる。

ソロモン王には、700人の王妃と、300人の側室がいたという。他国から招いた彼女らに、強く宗教的な縛りを設けなかったため、国内には深刻な対立が訪れた。南北に、イスラエルは割れた。

それでも彼は、今でも、もっとも優れた知恵者、と見なされている一人である。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『ユリシーズ』 002/365

だからこそ、溢れ出る感情を正直に叙述すれば、こうなるのである。

クローン技術 004/365

人間はどんな選択をするか/どんな時代に生まれるかで人生が決まる。

スペイン異端審問 106/365

苛烈で残酷な異端審問は、今でも宗教的迫害の代名詞とされている。

バールーフ・スピノザ 125/365

これは当然、17世紀のヨーロッパで受け入れられることは難しかった。

太陽の黒点とフレア 081/365

17世紀半ばから18世紀初頭には、西ヨーロッパでは「小氷河期」と呼ばれるほどの気温低下があった。

※2019.05.15更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031