1日1ページ、世界の教養365

アントニオ・ヴィヴァルディ 061/365

「会社四季報」業界地図 2019年版

ヴィヴァルディは年収が金貨50,000枚に達するほどの報酬を得ていたと言われている。

誰もよりも多作で、誰よりも工夫を好んだ。
協奏曲に巧みで、彼はソリストの役割を根本から変革したと言われている。

ソロパートを重視するそのスタイルは、印象的な主題・野心的なリズム・楽曲の明快さなど、バッハなどの古典派にも大きな影響を与えた。

今でも、ヴィヴァルディの曲を聴かない日はない、というほどに、日常のBGMとして流れている。

クラシック音楽として分類されてはいるが、当時の「超人気音楽作家」だと思えば、ポピュラリティを獲得して後世に作品と名を残している、ポップな存在と言えるだろう。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

音楽の基礎 005/365

転調と言えば、話題になっていたのがSHISHAMOの『明日も』という曲だ。

時間 146/365

つまり「今」とは「ここ」と同じようなもの、ということである。

モダニズム 044/365

神がすべてを説明してくれると信じられていた時代から、世界にはわからないことだらけなのだ、という時代に進み、そのおかげで科学は発達してきた。

東方正教会 175/365

口承の伝統が強いので、カトリックほど、聖書に頼らない。

モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』 152/365

モーツァルトはドン・ファンを選んだ。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031