1日1ページ、世界の教養365

アントニオ・ヴィヴァルディ 061/365

「会社四季報」業界地図 2019年版

ヴィヴァルディは年収が金貨50,000枚に達するほどの報酬を得ていたと言われている。

誰もよりも多作で、誰よりも工夫を好んだ。
協奏曲に巧みで、彼はソリストの役割を根本から変革したと言われている。

ソロパートを重視するそのスタイルは、印象的な主題・野心的なリズム・楽曲の明快さなど、バッハなどの古典派にも大きな影響を与えた。

今でも、ヴィヴァルディの曲を聴かない日はない、というほどに、日常のBGMとして流れている。

クラシック音楽として分類されてはいるが、当時の「超人気音楽作家」だと思えば、ポピュラリティを獲得して後世に作品と名を残している、ポップな存在と言えるだろう。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メンデルの遺伝学説 060/365

彼は庭を歩き回るうち、エンドウ豆の特徴に目をつけ、実験をした。

アブラハム、イサク、ヤコブ 028/365

アブラハムは女奴隷ハガルとの間にイシュマエルという子を作っている。

パリのノートルダム大聖堂 052/365

フランスの歴史の、節目を見届けきた大聖堂。

アルファベット 001/365

文字を持ち複雑な思考を独り占めしていた特権階級は、命令を奴隷に伝えるために文字を簡略化した。

重力 137/365

「宇宙酔い」は、それが原因で起こる。

※2019.05.15更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031