1日1ページ、世界の教養365 哲学

G・W・F・ヘーゲル 258/365

ヘーゲル哲学入門 (SQ選書11)

最晩年のヘーゲルの、ベルリン大学での講義には、学生たちが押し寄せていた。
それほどまでに彼は、ドイツで有名な哲学者だった。

彼は自身の哲学体系を、「形式の最終形態」であり、乗り越えられることのない決定的な規範の体系だと信じていた。
彼は意識の形式が自己否定した新たな意識の形式を生み出すプロセスのことを「弁証法」と名付けた。

彼は、歴史を非常に重視していた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ロマン主義 164/365

過去の異なる様式を融合させるのも、その手法の特徴と言える。

『ヴィーナスの誕生』 066/365

ヴィーナスは、巨人族クロノスの父ウラノスの、海に投げ捨てられた男性器が起こした波の泡から生まれた。

『闇の奥』 37/365

ジョーゼフ・コンラッドの小説。

天使ガブリエル 287/365

聖母マリアの前に現れて、イエスを身篭っていると告げるのもガブリエルだ。

チャールズ・ディケンズ 205/365

ディケンズは多作で知られる。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031