1日1ページ、世界の教養365 宗教

ヒンドゥー教の叙事詩 322/365

マハーバーラタ入門―インド神話の世界

「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」がある。

その起源は紀元前3000年までさかのぼることができると言われている。

二つの支族の戦いを大プロットに、ヒンドゥー教の教えが盛り込まれているのが「マハーバーラタ」で、史上二番目に長い叙事詩であり、10万頌(じゅ)を超える。

「ラーマーヤナ」には家族の絆や敬虔な信仰が描かれており、24000頌からなる。

「マハーバーラタ」については「ここに説かれているもので、この世に存在しないもはなく、ここに説かれていないもので、この世に存在するものはない」と語り継がれている。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 宗教
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旋律 012/365

少しでも似ていると「パクった」と言われかねない。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

『闇の奥』 37/365

ジョーゼフ・コンラッドの小説。

テネシー・ウィリアムズ 247/365

本名はトマス・ラニーア・ウィリアムズという。

ピタゴラスの定理 319/365

ピタゴラスはギリシャで、数字を崇拝する教団を率いていた。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031