1日1ページ、世界の教養365

エラトステネス 011/365

ローマインダストリーズ2520鋳鉄番号日時計
エラトステネスは「ベータ」とあだ名されていた。何にでも手を出すシロウト、と揶揄され、つまり「アルファ」ではなく「ベータ」だと。一流ではなく二流だ、というような意味のようだ。

エラトステネスは多くの広範な興味で、いろいろなものを結びつけてものを考える天才だったのだろう。

専門的な分野に閉じこもる博士たちにはバカにされても、シエネ(エジプト)にある井戸の真上に来る日の太陽を見て、アレクサンドリア(真北にある街)との太陽光線の角度の違いを感じ、そこから「この距離が、地球全周の何分の1なのか」を算出しようとした。

「船で行ってきた人が語る範囲だけが世界のすべて」と思われていた時代である。彼らにとってはまだ、オーストラリア大陸も南極も、アメリカ大陸すらこの世にはない。

そんな時代、あだ名までつけられても「そうだ」と信じて研究を進めたエラトステネス。その恩恵は、今も続いている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

音楽の基礎 005/365

転調と言えば、話題になっていたのがSHISHAMOの『明日も』という曲だ。

楽器と楽団 033/365

この、特定の楽器たちの組み合わせと演奏は、クラシック音楽を、少し聴いただけで「それ」とわかる特徴となっている。

『失楽園』 023/365

「俺も、まさにそう言ったのさ」。

『ブランデンブルク協奏曲』 089/365

1721年、バッハはこの協奏曲を、ブランデンブルグ辺境伯クリスティアン・ルートヴィヒに献呈した。

ジョージ・ワシントン 162/365

ワシントンが決めたことは現在でも受け継がれている。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930