自論構築過程

不倫をしてるやつの多いこと多いこと

ナミビアを知るための53章 (エリア・スタディーズ141)

特に「悪」だとは思ってません。
なぜなら、自分には関係ないからです。

なんらかの関係ある場合にはたぶん「許せない」「考えられない」「天誅」などの言葉がイナヅマのように瞬時に脳裏をかけめぐるんでしょうけれど、まずもって赤の他人がどんな関係性を誰と結んでようが、いっさい何も思いません。

ただ、「多いなぁ」と思う程度です。

みな、いろいろな理由を設けてるんですね、自分に、という感じ。「言い訳」と呼ぶんですけどねそれを通常は。私は「悪」だとは思ってないので、とてもフラットにお話を聞くことができます。

純愛、という設定で突き進んでいる人。
腐れ縁、という設定でハマりこんでる人。
生活からの逃避、という設定を当然としている人。

色々いらっしゃる様子。

ただ(私は結婚してないし詳しくは知りませんが)、浮気の証拠を握られると損害賠償を払うことにもなります。謝るだけでは済みません。済む場合もありますが「離婚して、そのあと浮気相手と一緒に…」という「一生幸せ・勝ち組パターン」というのは「万に一つもない」ようなのでw、それなりの覚悟は必要ですね。

いや、どうも覚悟なんかするのは、不可能なようです。

 

これは基本原則なのに誰も言わないので私がここで言いますが。

不倫・浮気をしている人は、100%「性欲のトリコ」ですから。

今までうかがったことがある人で、カラダの関係がゼロ、という不倫・浮気は無い。みな、「どうやって性欲を満たすか」を、「純愛」「腐れ縁」「逃避」という言葉で、なんとか実態をごまかしているんですね。

何度も書きますが、特に「悪」だとは思ってませんよ。
お盛んね、どうぞ健やかに、と思うだけです。

「性欲のトリコ」になっている以上、関係が長引けば、ワキが甘くなっていくのも当然です。たいてい、探偵をつけられて尾行されたり、スマホの内容(LINEのやりとりや画像・動画など)の証拠を押さえられて多大な慰謝料を払うハメになる人は、「だいじょうぶ、あの人は気づいてないから」と、ご主人(または奥さん)を小バカにしてるんですね。

この世にある油断の原因は「小バカ」ですから、その法則にしっかり当てはまってらっしゃる、と言えます。

小バカにされながら探偵に依頼する気持ちは、どんなものなんでしょう。体験談などを読むと、食事もできず、頭が動かない状態になるようですね。人によっては世界が平面で、モノクロに見えてしまったり。それくらいの喪失感。ショックというより、ああ、そうなんだ…という平坦な感じ。

信じていた人の裏切りはとてもショックで腹立たしいものです。
食事も喉に通らず、眠れない夜が続き、自分を責めてしまう方も多いです。
でも、悪いのはパートナーとその相手であって、ご自身は悪くないんですよ。

じっさい、探偵に依頼するなんてドラマの世界のことのようですが、実は需要はすごいある。
需要がなければ、こんなに探偵社、存在しませんからw

妻・夫・彼女・彼氏・父・母・兄・姉・嫁・婿。

これらがターゲットのなり得る。ターゲットっていうのは「調査対象」ってことね。そうなのか…「嫁・婿」、つまり家族が、親が、お金出してでも調べろって言ってくれるってこともある、ということですか。うーん…。

で、結局はどれくらいかかるんだ、というのは気になるところ。50万とか100万とか、まとまって必要なんじゃないでしょうか?無理ですよね、そんな大金。ぽん、とは。けっこう「写真を撮る」「尾行する」とか、ピンポイントで頼めるみたいです。「一週間みっちり」ではなくて、「水曜日の19時からあの辺りで1時間」とか。それなら数万円で済むかも。

だいたい、日常の生活のリズムにネジ込んでくるのが不倫・浮気のスケジュールでしょう?例えば自分が出張のタイミングを見計らって妻が自宅で…とか。そう、だからピンポイントでいいんですね。

そう考えると、ほんとに数万円で済みそうな感じ。知りながら泳がせて、演技しながら普通の顔して。なかなかツライ生活でしょうけど、暮らしの維持か・人としての意地か、ってところのせめぎ合いなんでしょうし、いや、向こうの実家からでも慰謝料取れれば、探偵の支払いなんて安いもの…かも。引っ越しもできて、新生活が早く送れる。

すげえ時代だぜ…と思いながらも、こんな↓サービス(自分の不倫調査にぴったりの探偵を紹介してくれるw)があると知り、後学のためにもじっくり読んでみた次第です。

確かに、いきなり探偵事務所に乗り込んで(電話して)依頼するとか、ハードル高すぎるだろw
まずはこれを使って「どんな感じで相談すればいいんだろう?」を、相談したい。

 

私に相談してくれても、いいんですよw?

匿名OK!安心の探偵選びなら、タントくん

上掲の「信じていた人の裏切りは…」部分は、このサイトにあった文言です。

このブログを見ている人がそんな依頼をするとは思えないんですがw、実は「あんた、探偵つけられたら一発で終わりだべ」レベルの不倫をしている杜撰(ずさん)な人らってもう、パッと見渡しただけでもナミビアの蟻塚のシロアリくらいたくさんいるので、それらのお話をふ〜んと聞き流しながら、慰謝料の試算をしてみたりしている、年末ですww

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

超合金の男-村上克司伝-

ここに、すべてがありました。

「玉兎」と名付けるその素晴らしさ

完全なる真っ暗です。

「憲法改悪」にいたる思考はどうなっている!?

物騒な、縁起でも無いこと言うんじゃねえ。ほんとになったらどうするんだ。そう願ってるのか?テメエ。

悩んでいる原因(と改善策)はそこだ、そこにあるのだ!

できない時も、「できる」と言いながら失敗することが大事。

なんで、怒りやタバコについて書くか、その理由です。

嘆いていてもしょうがない。
せめて自分だけは、いろんな部分において、「ああ、そうなの、よし、じゃあ変えていこう」って、素直に思いたいところですね。わはは。

PREV
戦争
NEXT
自然
書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031