1日1ページ、世界の教養365

メンデルの遺伝学説 060/365

グレゴール・メンデル―エンドウを育てた修道士

メンデルは修道士だった。
彼は庭を歩き回るうち、エンドウ豆の特徴に目をつけ、実験をした。

それが現在の遺伝学に、とんでもない影響を与える発見となった。
とはいえ1856年からの8年ほどで、彼が栽培・実験したエンドウ豆は28,000本にも及ぶ。

彼は生前は無名で、死後、その成果と偉業が再発見され、大評価を得た。

遺伝について、彼が生きていた当時の常識としては、

「両親の特徴がどちらも同じように混ぜ合わされて子供は生まれる」

「子供を身籠もる環境が、その子の特徴を形成する」

というのが主流の説だった。

メンデルはその常識を覆し、のちに「対立遺伝子」「優性遺伝子」「劣性遺伝子」などと呼ばれるようになる考え方を打ち出した。

「優性」は優れている、という意味ではなく、劣勢より優先的に形質として現れるという意味なので、現在では「顕性」、劣性は「潜性」などと呼んだ方が良いのではないか、という議論もある。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コンスタンティヌス一世 189/365

「大帝」と称される。

タルムード 084/365

タルムードは、「ミシュナー」と「ゲマーラー」の2部で構成されている。

スペイン異端審問 106/365

苛烈で残酷な異端審問は、今でも宗教的迫害の代名詞とされている。

プラトンの洞窟と比喩 034/365

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031