自論構築過程

とりあえず、パスポートは要らんのだ

 

9月で、パスポート失効しました。

しかし「失効」って、なんにしてもネガティブな言葉のイメージですね。
失効、は、なんにしたってしない方がいい。そんな感じがする。

10年のパスポートを失効したので、今はパスポートなし。

更新に、行きませんでした。
理由。
要らないから。

つい先日まで、10年間、パスポートについて考える機会は、ありませんでした。
海外へ行く機会も、なかったからです。

いえ、海外へ行きたいという気持ちがないわけではありません。
普通の人よりは、かなり少ない気がしますが。

でも、更新しなかったのには、理由があります。

 

考えてみれば、単純な理由です。

パスポートを持っていたのは、どことなく「急に海外へ行くようなことがあっても、対応できるように」、だったような気がするんです。

なんとなくですけどねw

「おい、お前、パスポート持ってるか?」
「はい、持ってます」
「明後日からニューヨークだ」
「え!急ですねw!」

みたいな。

実際そういうお仕事の人もいるだろうし、遊びでも、誘われ方として「急」なパターンて、あると思うんです。

そこで、考えたわけです。
上に挙げたような「おい、お前」みたいな感じ?

急に海外へ誘われるぜ、みたいな感じ?

 

うん、絶対に断るから。

「明後日から海外」みたいな急激な予定には、対応したくないので、絶対に断ります。どんなに魅力的な場所であっても、世界遺産であろうとも、「急に海外へ」など、絶対に行きたくありません。どんな権力なんですか、それ。

あらかじめ、しっかりとした計画に基づいて海外へ行く場合、新たにパスポートを取得するだけの時間的余裕、必ずあるはずです。

逆から言うと、新たにパスポート申請をするくらいの時間があるからこそ、海外へ行きたいと思う、ということです。

なぜかなんとなく、黴のようにこびりついていた「急な海外渡航に対応できる!できた方が良い!」という謎の強迫観念。これに気づけただけでも、今回の失効は良かったなと思ってます。

海外へくらい行かなきゃ、とか、パスポートくらい持ってなきゃ、と、失笑される向きもあるかとは思いますが、黙れはげ。

海外へ行きたくなくてパスポートを取らない、というわけではないんです。行く時には当たり前ですけど、申請して、きちんと取ります。

行く予定もないのに「持ってて当たり前」みたいに思い込んでるのはアホくさいなー、と言っているだけです。必要ないのに「持ってる方が偉い」みたいな感覚を押し付けてくる「海外の方がすごい」派の方々は「海外」という言い方じたいがすごくアホっぽいことについて、今度語り合いましょう。私は先に帰ります。

 

今日は以上です(˙꒫˙`)

 

 







-自論構築過程
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

破竹

「聖地巡礼」に関する勝手な違和感[破竹]

それって町おこしですかね?

それでもウナギを食べよう!!

で再度言いますが、「ウナギ関係者に死ねというのか?」という文言は、通りません、なぜなら「ウナギが絶滅したらどっちにしてもお前らは死ぬ」からです。

「緊張する」のはなぜか、について。

ひとことで乱暴に言えば「そんなんどうでもええねん」になるんですがw

PPAP

PPAPを見損なってると大ケガするぜ

どう考えても、2匹目のドジョウはいる。

そんなにウィルスが悪いのか?

「根絶」ってどのレベルの、どういうことを言ってるのか、せめて自分だけは、確認しておく必要があると思います。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031