自論構築過程

とりあえず、パスポートは要らんのだ

 

9月で、パスポート失効しました。

しかし「失効」って、なんにしてもネガティブな言葉のイメージですね。
失効、は、なんにしたってしない方がいい。そんな感じがする。

10年のパスポートを失効したので、今はパスポートなし。

更新に、行きませんでした。
理由。
要らないから。

つい先日まで、10年間、パスポートについて考える機会は、ありませんでした。
海外へ行く機会も、なかったからです。

いえ、海外へ行きたいという気持ちがないわけではありません。
普通の人よりは、かなり少ない気がしますが。

でも、更新しなかったのには、理由があります。

 

考えてみれば、単純な理由です。

パスポートを持っていたのは、どことなく「急に海外へ行くようなことがあっても、対応できるように」、だったような気がするんです。

なんとなくですけどねw

「おい、お前、パスポート持ってるか?」
「はい、持ってます」
「明後日からニューヨークだ」
「え!急ですねw!」

みたいな。

実際そういうお仕事の人もいるだろうし、遊びでも、誘われ方として「急」なパターンて、あると思うんです。

そこで、考えたわけです。
上に挙げたような「おい、お前」みたいな感じ?

急に海外へ誘われるぜ、みたいな感じ?

 

うん、絶対に断るから。

「明後日から海外」みたいな急激な予定には、対応したくないので、絶対に断ります。どんなに魅力的な場所であっても、世界遺産であろうとも、「急に海外へ」など、絶対に行きたくありません。どんな権力なんですか、それ。

あらかじめ、しっかりとした計画に基づいて海外へ行く場合、新たにパスポートを取得するだけの時間的余裕、必ずあるはずです。

逆から言うと、新たにパスポート申請をするくらいの時間があるからこそ、海外へ行きたいと思う、ということです。

なぜかなんとなく、黴のようにこびりついていた「急な海外渡航に対応できる!できた方が良い!」という謎の強迫観念。これに気づけただけでも、今回の失効は良かったなと思ってます。

海外へくらい行かなきゃ、とか、パスポートくらい持ってなきゃ、と、失笑される向きもあるかとは思いますが、黙れはげ。

海外へ行きたくなくてパスポートを取らない、というわけではないんです。行く時には当たり前ですけど、申請して、きちんと取ります。

行く予定もないのに「持ってて当たり前」みたいに思い込んでるのはアホくさいなー、と言っているだけです。必要ないのに「持ってる方が偉い」みたいな感覚を押し付けてくる「海外の方がすごい」派の方々は「海外」という言い方じたいがすごくアホっぽいことについて、今度語り合いましょう。私は先に帰ります。

 

今日は以上です(˙꒫˙`)

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

超合金の男-村上克司伝-

ここに、すべてがありました。

ホントに生まれ変わりたい???

けっきょくあのシンガポールのビルの上のプールとか、行きたいんでしょ?的な。

夏川りみ

「わかりみ」。

いったん自分の理解度とは離れて、客体的な事実としての指標を、少し離れた時点から眺めたような視点が含まれています。

今年は靖国へ行かれず(かわりに護国神社へ)。

あれ、コスプレですからね。戦争コスプレ。

祈り

誰にも聞こえないように、精神の雫を気化させるのが「祈り」。

書いてる人


2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930