1日1ページ、世界の教養365 科学

幹細胞 179/365

投稿日:2019年6月28日 更新日:

iPS細胞大革命 ―ノーベル賞 山中伸弥教授は世界をどう変えるか―

毛穴にも幹細胞はある。

この幹細胞を研究すれば、ハゲ治療になるかもしれないと考える研究者もいる。

幹細胞には胚性細胞と成体細胞がある。
成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

しかし、治療においては胚性細胞が他人から供されるのに対し、成体細胞は患者自身から採取されるため、自身の免疫によって拒絶反応を起こす可能性が低いと言われている。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 科学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

現象学 293/365

エトムント・フッサールが提唱した。

ダビデ王 063/365

すでにここから、あの「ダビデ王」になる片鱗は現れ始めた。

ゴシック美術 045/365

そもそもは古代ローマ帝国を侵略した蛮族「ゴート族(Goths)」に由来する。

レフ・トルストイ 331/365

彼はロシアの貴族の家系に生まれた。

スパルタ対アテネー古代世界の覇権争い 015/365

圧倒的に勝った時代もあったが、勝ったら勝ったで空前の好景気が訪れ、貧富の差が治安を乱し、かつての厳しさがモットーだったスパルタらしさが失われ、弱体化に繋がっていってしまった。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ