1日1ページ、世界の教養365

認識論 153/365

クローゼットの認識論 ―セクシュアリティの20世紀― 新装版

知識とは何か。

認識論の歴史は、プラトンの昔にまでさかのぼる。

知識は、どうなった状態で知識か。
知識は、その人が持っている信念と呼んで良いものなのか。

逆に、「正当化された真なる信念」と思っている状態が、知識だとは限らないのではないだろうか。

 

それがそれだ、と信じていたとしても、実はそれは誰かが騙す目的で作った虚構かも知れない。

信念は、イコール知識にはなり得ない。

信念を知識とみなすためにはどんな条件が必要なのか、哲学者たちは今日に至るまで、議論を続けている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『すばらしい新世界』 149/365

小説のタイトルは、「テンペスト」から取られている。

人格の同一性 167/365

ではそれらを何らかの外科手術で移し替えたら、それは同一人物なのか。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

古典派 117/365

モーツァルトのように貧困のうちに生涯を終え、墓標すらない者も多い。

ビザンツ美術 038/365

キリスト教美術の中でも「イコン論争」はいまだにある。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031