1日1ページ、世界の教養365

旋律 012/365

セイワ(SEIWA)車用携帯電話ホルダー マイメロディ スマートフォンスタンド MM23

メロディーは今では、音楽の中ではもっともオリジナリティを求められている要素だと言えるだろう。少しでも似ていると「パクった」と言われかねない。

だが15世紀のフランスでは、単純な旋律は共有されることがよくあったという。
「ロム・アルメ」や「きらきら星」の旋律も、共有財産のように使われていた側面があったそうだ。

これはつまり、曲を作る上で何が重要視され、何を大切にするかが、時代によって変わっていくということの表れなのかもしれない。

アレンジや音色が時代によって移り変わることは容易にわかるが、そのメロディが「80年代っぽい」とか「00年代っぽい」とかは、その旋律だけを取り出して並べた場合、わかるものなのだろうか。

時代の中で、旋律に「◯◯っぽい」という偏りが生じるころ、それを打ち破る先進的な作曲家が出てくる。それが珍しがられ支持され、また「◯◯っぽい」と言われるまでそちらへ偏っていく。

だけど、どこかで聴いたことのある旋律だからこそ、親しみを覚えることもある。

それを繰り返しているのかもしれない。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダビデ王 063/365

すでにここから、あの「ダビデ王」になる片鱗は現れ始めた。

バロック 047/365

オペラの男性主役は、思春期に去勢された「カストラート」が務めた。

プラシーボ効果 053/365

これを「ノシーボ効果」と言う。

プラトン 020/365

裕福な家庭に生まれた市民でありながら政治家にはならず、哲学に進んだプラトン。

パルテノンの神殿 017/365

清貧を重んじ、奢侈を嫌う一神教の人々によって、飾りは捨てられ、派手さは削られたのだろう。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031