おんな城主 直虎

おんな城主 直虎第五回「亀之丞帰る」

投稿日:2017年2月7日 更新日:

 

急激に成長したおとわ(直虎)。
あれから10年しか経ってないと言うことは19歳くらい?なの?

小野政次(吹越満)は白髪に。
初めて、松平元康(徳川家康・阿部サダヲ)が出てきましたね。なんだか、頼りない、情けない油断される存在として描かされていました。
あれも政略の中、今川の人質となっていた家康の「生きる知恵」と言う描写だったのかもしれません。

なんとなく、女優さんのイメージを利用して「悪女」っぽい感じを出していた瀬名姫(菜々緒)は、のちに家康の妻(築山殿)となりこのラインが、家康が井伊家を気にかけ続けるきっかけにもなるのでしょう。

瀬名姫※公式ページより http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story05/

 

織田信長が桶狭間で今川義元(春風亭昇太)を討ち取ってから、この地域の勢力地図は激変。

この時に直虎(柴崎コウ)が成長していたことで「おんな城主」が成立していくわけですが、こういう「成長してた」って言うタイミングは、戦国だけなく歴史を、面白くしている大きな要素なんですね。

亀之丞(三浦春馬)がその笑顔とともに井伊谷に帰ってきます。
おとわ(直虎)を後ろから抱きしめたり、「おとわと一緒になる」と言ってみたり、“それなりの感じ”を出してきますがw、この時すでに、かくまわれていた信州・松源寺にいる頃に一子をもうけています。逃亡中なのに、やることやってるんですねwww

井伊直親と名を改めてからも、出家しているおとわとは結ばれずに奥山朝利の娘と結婚。ここに生まれた息子がのちに井伊直政となります。

私たちは後世から、それを知っていますから「よかったよかった」的な、結果オーライ的なイメージを持ってしまいますが、この時代は明日をもしれぬ国取り合戦の最中。
特に「桶狭間以前」は、今川の意向で全員路頭に迷いかねない舵取りを、24時間やっているような状態。

実際、この後、今川が滅んで武田が…徳川が…ああ、信長が…と、さらに周囲の状況に翻弄されていくことになるんですね。

おんな城主 直虎
http://www.nhk.or.jp/naotora/







-おんな城主 直虎
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おんな城主 直虎第十回「走れ竜宮小僧」

おんな城主 直虎第十回「走れ竜宮小僧」

「竜宮小僧」というのは、今回の大河で創出された概念(キャラクター)です。

おんな城主 直虎第四十三回「恩賞の彼方に」

悪の組織なんかに、その人材がいるとは思えないけどなぁww

おんな城主 直虎第十六回「綿毛の案」

おんな城主 直虎第十六回「綿毛の案」

なんかすごく、大事なことを置いたまま、目を逸らされているような気持ちになってきます。

井

井戸を見に行く。

運よく、なかなかに神々しい写真を撮ることができましたw

おんな城主 直虎最終回「石を継ぐ者」

なにごとにも縛られることなく、自然に生きることをよろこぶ、という意味です

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ