1日1ページ、世界の教養365 音楽

19世紀の民族主義 271/365

チャイコフスキー:大序曲《1812年》、他

列強の支配体制に反発する形で、音楽家たちは民族主義的な志向を強めた。

ポーランドを称えて、フレデリック・ショパンが。
ベドルジフ・スメタナとアントニーン・ドヴォルザーク、レオシュ・ヤナーチェクはチェコを。
リヒャルト・ワーグナーとリヒャルト・シュトラウスはドイツ音楽こそを至高だとした。
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーとニコライ・リムスキー=コルサコフはロシアの伝統音楽を取り入れた。

中でもチャイコフスキーの「序曲1812年」は民族主義音楽の中でも最も有名な曲だ。
彼は楽譜で、通常のオーケストラに加えて、本物の大砲を使うように指示している。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

バロック 047/365

オペラの男性主役は、思春期に去勢された「カストラート」が務めた。

『選ばれなかった道』 184/365

この詩の作者ロバート・フロストは、見抜いていた。

フィンセント・ファン・ゴッホ 262/365

彼は1890年、自分の胸を銃で撃ち、亡くなった。

クローン技術 004/365

人間はどんな選択をするか/どんな時代に生まれるかで人生が決まる。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031