1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

私小説 283/365

投稿日:2021年10月10日 更新日:

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ふとん乾燥機 布団2組・靴2組対応 ダニ退治 カラリエ 温風機能 マット不要 ツインノズル ホワイト FK-W1-WP

日本の私小説の始まりは、田山花袋の『蒲団』だと言われる。

日本的な建前・遠慮や、規範の中に隠されて出てこない恥ずべきことなどが赤裸々に描かれる作品を指すが、「私小説」という語は白樺派の作品に対して揶揄として用いられたという説もある。

私小説は自然主義文学からではなく、それに反するはずの白樺派・志賀直哉の『和解』を嚆矢とするという意見もある。

 

※破滅型私小説や調和型私小説などに分類され、純然たるフィクションではない内容で多くの読者を得た。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

稲荷神 147/365

京都の伏見稲荷大社を総本宮とし、全国で祀られる。

応仁の乱 198/365

足利将軍の後継者問題に端を発する、室町時代の大戦乱。

南方熊楠 284/365

柳田國男に「日本人の可能性の極限」と称された。

端午の節句 041/365

端午の節句 染錦 鯉のぼり 大将   平安時代には、端午の節句に天皇が武徳殿からお出ましになり、臣下と共に宴を催し、弓を射る「端午の節会」が行われていた。 江戸時代になり、菖蒲で邪気を払う風 …

山地 043/365

日本は、国土の75%が山地である。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ