PC・モバイル・WP・iPhoneなどのこと

こんなの初めて見た!カーネル・パニック・ダーウィン・エラー

投稿日:2017年4月9日 更新日:

 

こういうエラーは、まだなんとか理解しやすいです。

「DNSアドレスが見つかりません」てなに?

ネットワークだったり、サーバーだったり、けっきょく「設定」の問題だったり。
ぜんぜん分かっていないものの、ああ、まぁだいたいそういうことね…というのはなんとなく理解できる。

今回、パソコンの電源を入れると、これです。

 

ここから動かない。
画面左上に、ぶわーっとコマンドが出てて、追加も削除もできない。
なにこれ。怖い。

読める、エラーっぽい単語は「カーネル」「パニック」「デバッガー」くらいかな…。

 

なんだこりゃ。

確かに最近、「新しくMacBookを買おうかしら」とか思ってたけど、彼に伝わったのかしら。

ちなみにアップルマーク辺りに貼っているめでたげなシールは「777」。
どこかのおみくじに入ってたものです。

「カーネル エラー」で調べてみると…

「致命的なエラー」とか「ハードディスクの問題」とかいう不吉な文字が並んでいます。

戦々恐々です。

画面の中にあった「Darwin」は、

アップルが開発するUnix系のPOSIX準拠オペレーティングシステム (OS) である。※wikipediaより

う〜ん、なんかOSの問題なの?

よくわからないまま、単語をツテに検索しまくっていると、

「USBでつないでいる機器が問題の場合がある」と書いてくれている人がいて、ああそうなのと、バックアップ用の外付けHDDと、iPhoneのドックやプリンタを抜き、再起動だ!!

 

変わらぬ…

変わらぬぞ!

いや、もうMacBook買うのやめるから!

今止まられると、死なれると困る!コンミリーテス(戦友諸君)よ!分かったから!

と静かに懇願していると、

「Apple Hardware Testを試せ」と書いてある記事を発見。

Mac本体が故障?「Apple Diagnostics」でハードウェアを診断する方法
https://gori.me/mac/mac-tips/79025

参考にさせていただきありがとうございました。

2013年6月より前に発売されたMacには「Apple Hardware Test」、2013年6月以降に発売されたMacには「Apple Diagnostics」が用意されているのだ!

私の旗艦は2013年の6月以前のものだったはず。

Appleのサイトにもありました。

Mac で Apple Hardware Test を使う方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT201257

 

再起動時、「D」を押し続けろ、と。

おお!?言語を選べと??

 

おおおお!?

 

なんだこの、懐かしき0S9の香りは…

とにかく、進めるしかないでしょう。

 

5〜6分で終わりました。

そして再起動。

元に、戻りました。

ようやく、機嫌が直りました。

とにかく、原因もなにもわからないままですが、復旧してよかった。

本当に困ったら「D」押しながら再起動、これ有効かもですね。

 

 

 

 







-PC・モバイル・WP・iPhoneなどのこと
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ファントム、ではなくファンタムだとさ

メリケン粉が「AMERICAN粉」だったように、ミシンが「MACHINE」から来ているように。
がんばれファンタム。

だけどRADIOはごめん、もうレイディオには戻らないんだわ。

【※追記あり】まったくわからないところからの、「Authorization ヘッダーは、承認したサードパーティアプリケーションから送られてきます。これが無い場合、これらのアプリはサイトに接続できません。」の解消

けっきょくどうすればええんじゃ。

FirefoxのSidebarの行間がWideになってムカつくのでNarrowに(狭く)する

ウェブ閲覧には支障はありませんが、なんとなく間延びしたような、「わかりやすいでしょ?」的な態度が、非常に気に入らなかったわけです。

Macの起動音「ヴァアアアァン」を消す方法を知る。

例えば焚き火の「パチパチ」と燃えるときの音は消すことはできませんが、暖炉をLEDで表現している電化製品の「パチパチ」は消せるでしょう、後から足してるんだから。

iPhoneのキーボードは、左右に片寄らせることができるぞ

キーボードの配列はそのまま、「ちょっと寄ってくれる」機能。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ