見たもの、思うこと。

ナマイキな口のキキカタをしてる人らへ

 

045

「なんだそのクチの聞き方はぁ!!」と、叱られたこと、ありませんか?

幸運にもまだありません。
内心「ナマイキなヤツだ…」と疎まれていることは感じたこと、あります。
メチャクチャあるw

私は人の心が少しだけ読めるのでw、『理解力アリ包容力アリ親しみ易さゲージ100』のフリをしている方々の「タメグチ許します」なウソ態度が、見え透いてしまったりすることがあります。

ややこしいですね、これ以上はやめましょう。
今は反省し、話し方には気をつけています。
さすがにもう、「年上の方」とか「先輩」に当たる方々が結構なお年だったりするので、「生意気だ」とかいうことにもあまり意味がなくなってきているのも事実ですし。

ま、いくら 年上でも先輩でも、バカワバカダカラナ!←これがいけないw

 

口の聞き方??

さて、「口の聞き方」というのは、妙な言い方だなぁと思います。
口は話す器官ですし、「聞く」のは耳の専門です。
ですから、本来なら「口の話し方」というのが正しいんじゃないかと、思えるわけです。

この言葉、メインは「聞き方」の方なんじゃないかな、と推察するのです。

適切でない言語を発した時にだけ、「口の聞き方」は問題となります。
多くは怒られます。

適切でない場面には、「その前の段階」が必ずあり、そこでは正しい関係性(上下関係など)が求められているはずです。

東京タワーの展望台で、見ず知らずの警備員に「あんたモテないだろ?」とつっけんどんに話しかけても、「なんだぁその口の聞き方はー!」とは言われません。たぶん。
「失礼な人だな…」とはボヤかれるかもしれませんが、「口の聞き方」は問題にはならないのです。
少なくとも「口の聞き方」の問題ではないですよね。

「前の段階」があるということは、そこまでに会話があったということです。
誰かが、話すか、もしくは関係性において正しいセリフ(相手の)があったはずなのです。

そう、それを「聞いて」、次に話す順番である「こちらの言い方」が悪い場合に、
「お前、なにを聞いて答えとんじゃ!」という意味で
『なんだその口の聞き方はぁ!!』と怒るのではないでしょうか。

つまり「口の聞き方」の「クチ」とは、今しゃべった自分の「クチ」ではなく、
相手の「クチ(言葉)」のことだったのです!!

ちゃんと言葉をきけっっっっ!!!という意味だったのです!!

 

ああ、なんてかぐわしいややこしさ。

日本語はおもしろい。
もしこのぼくの解釈が完全に間違っていたとしても、それはそれで。
それ 「コミ」で、おもしろい。

口の聞き方を知らないというのは、やっぱり悲しいんですね。
それは、敬語がうまいとかうまくないとかいう次元の話ではありません。

口の聞き方というのは、やはり先ほど書いたように、「文脈の理解度」のことなんですね。
どれくらい、脈絡を飲み込んで、それに適した態度を言葉で表明できるか、という戦略を含む。

だから時と場合によっては、「あほかいな!」みたいな、普通なら失礼な言葉がピッタリ当てはまることだってあると思うんです。
その場合、「ツッコミ」と呼ばれたりすることもあるでしょう。

これには、相手の心を忖度(そんたく)する能力が必要だということになります。
ほぼすべての人が、簡単に日常的にこなしているデフォルト機能だと思いますよ。

関係性を整理して、適切な表現とタイミングを選び出す。
普通に生活して相手を思いやる心が少しでもあればできることです。

この能力が異常に高い人のことを 「おもしろい人」と呼ぶこともあるでしょう。

 

できない人がいるなんて、少し信じられない。

でも、そういう「イラッ」という気分が、「口の聞き方ってなんだろう…」という疑問を起こさせ、考えるきっかけを与えてくれたのだから感謝しなければなりません。

「おまえコラ!口の聞き方知らんのかッ!」とその人に怒っても、仕方がないのです。

なぜなら、前述したように「言葉を知らないこと」は問題ではなく、結局「空気が読めない」ことが重要な欠陥なのですから。
こちらの気持ちはぶつかっても、あえなく消えてゆくでしょう。

ということは、少し皮肉な言い方の「ありがとう」も、こちらの意図どおりには伝わっていないってことか…。

いろんな人がいますわね。

 

 

あれ?間違ってないかこれ??

と、ここまで考えてみると、ひょっとして「口の聞き方」ではなく「口の利き方」なのではないかと思えてきました。

あるいは「口の効き方」

ヒアリング、ではなく、エフェクトというか。
リスニング、ではなく、オペレーションというか。

その説明を、上でずっとしてたような気がしてきました。

口を利かすには、まず気を利かさないと。

「目は口ほどにものを言う」なんて言いますが、「口には心が表れる」という意味もあるのかな、なんて思う今日この頃です。

 

 

「口の利き方」の本て、意外にいっぱい出てます。
でもすべて「きき方」と、ひらがなになってました。

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジョジョ展2017その3【OWSON編】

さらに、なぜか「からあげクン」をかうと、「OWSONステッカー」をくれますw

さらに、Valentine’s Dayに寄せて。

「From My Cold, Dead Hands!」

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

安室奈美恵だけが持つ魅力とは、なにか。

究極の怨霊、その続き。

そしてやはり問題は、「なぜ日本人は、そう考えるのか」なんですよ。

シン・ゴジラ

ポリティカル・フィクションとしてのシン・ゴジラ

緊急の課題として今後の対応を検討する中、国平内閣副総理大臣兼外務大臣が「駆除でよろしいかと」、葉山経済産業大臣が「賛成ですね」と発言し、金井内閣府特命担当大臣(防災担当)と河野総務大臣が「私も駆除に同意します」と言い、「そうだろ!防衛省!」と振られた松本防衛省運用政策統括官が「えー、過去、有害鳥獣駆除を目的とした出動は幾度かありますが海自による東京湾内での火器の使用は前例もなく、なんとも…」と顔を曇らせ、柳原国土交通大臣が「まぁまぁ、ことを荒立てず、穏便に追い出せないのか」と楽観論を出し、菊川環境大臣が「総理。各学会と環境保護団体が、貴重な新生物として捕獲・調査を提言しています。定置網を至急湾内に用意して欲しいそうです」と言い出します。金井内閣府特命担当大臣(防災担当)は「いや、ここは駆除だ。魚雷とか使えばすぐ済むだろ」と水を向けるとそれを受けた花森防衛大臣は「お気持ちはわかりますがここは、火器使用も含め本省に検討の時間をいただきたい」と強めに返します。それに便乗するように関口文部科学大臣が「私からも是非とも捕獲を視野に入れた検討を願います」という発言があります。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031